貧血予防レシピ 944件

検索条件

  • 貧血予防
貧血予防
欠食や栄養の偏った食事を続けると、赤血球のヘモグロビンの構成成分である鉄分が不足して貧血になり、全身に様々な症状が現れます。肉類・魚介類などで鉄分を摂りましょう。(レバーにはビタミンAがたくさん含まれるため、妊娠初期は過剰摂取しないように注意しましょう)鉄分の吸収を助けるビタミンCと赤血球をつくるビタミンB12や葉酸などを一緒にとるとよいでしょう。エネルギーはしっかりとって栄養状態を良くします。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • ほうとう

    • 60分超過
    • 483Kcal

    具だくさんのほうとうは野菜がたっぷりとれるメニューなので、外食が多く野菜が不足しやすい方にお勧めです。野菜が不足するとビタミンやミネラルが不足し、代謝がうまくいかず疲労の原因になることもありますので気をつけましょう。

    主材料:中力粉 みそ 里いも

  • みそ煮込みうどん

    • 30分以下
    • 473Kcal

    身体がポカポカと温まるみそ煮込みうどんは、寒い季節にぴったりのメニューです。みそは大豆を発酵させることにより、栄養分が吸収されやすくなっています。イソフラボンやサポニンなど健康に役立つ栄養素が豊富です。

    主材料:うどん(あれば煮込み用の太いもの) 赤みそ 鶏もも肉

  • いかなごの釘煮

    • 60分超過
    • 232Kcal

    骨ごと食べられるいかなごは、カルシウムの補給に適した魚です。カルシウムの腸内での吸収や骨への吸着を促すビタミンDも多く含まれているので、骨粗しょう症が気になる方、ストレスでイライラしやすい方にお勧めです。また鉄分も多いため、貧血気味の方にもお勧めです。大豆製品やひじきなどの非ヘム鉄を多く含む食材とブロッコリーや小松菜などのビタミンCを含む食材を一緒に摂取すると、鉄分の吸収がよくなり貧血の予防になります。

    主材料:いかなご

  • かきの土手鍋

    • 60分超過
    • 230Kcal

    かきは「海のミルク」と言われるほど、栄養を豊富に含んでいる食材です。中でも鉄分やビタミンB12は造血作用に役立つので、貧血気味の方にお勧めのメニューです。

    主材料:かき 白菜 焼き豆腐 白みそ