花粉症にレシピ 130件

検索条件

  • 花粉症に
花粉症に
青背の魚のEPAでアレルギー症状を抑え、野菜のビタミンACEで抵抗力をつけましょう。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 鮭の萩蒸し

    • 60分以下
    • 210Kcal

    鮭にはDHAやEPA、タウリンが豊富に含まれ、生活習慣病予防に効果的です。また生鮭を使用することで、塩分を控えめにすることができますので、高血圧症の予防、改善にも有効です。

    主材料:生鮭 道明寺粉 小豆(ゆで)

  • ひと塩ふぐの重ね焼き

    • 60分以下
    • 131Kcal
    • 塩分控えめ

    ふぐの身には、グルタミン酸やイノシン酸、タウリンなどのうま味成分が含まれており、独自の甘味とコクを持っています。魚介類に多く含まれるタウリンは、血管や心肺機能を強化し、肝臓の働きを助けて余分なコレステロールを排出させてくれます。

    主材料:ひと塩ふぐ 生鮭

  • まぐろと納豆のわさびしょうゆ和え

    • かんたん
    • 10分以下
    • 97Kcal
    • 塩分控えめ

    納豆にはカルシウムやマグネシウムが、まぐろにはカルシウムの骨への吸着、腸内での吸収を促すとされているビタミンDが多く含まれていますので、強い骨を作るための栄養素がそろっています。

    主材料:まぐろ(刺身用) 納豆 しょうゆ わさび(おろし)

  • 鮭の筑前煮

    • 60分超過
    • 158Kcal

    根菜類をたっぷり使った筑前煮は、便秘解消に有効な食物繊維が豊富に含まれています。また、鮭と干ししいたけには、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが多いですので、骨の維持、成長にも有効です。

    主材料:生鮭 にんじん たけのこ(ゆで) こんにゃく

  • ごまめカレー風味

    • かんたん
    • 10分以下
    • 84Kcal

    おせちの定番のごまめをアレンジ。ごまめはなんといってもカルシウムが豊富に含まれています。成長期の子どもたちや、骨粗しょう症を予防したい方は、特に積極的にとりたい栄養素です。おやつ感覚でどうぞ。

    主材料:ごまめ

  • 鮭と里いもの炊き込みご飯

    • かんたん
    • 60分超過
    • 550Kcal

    鮭にはDHAやEPA、タウリンが豊富に含まれていますので、記憶力向上や生活習慣病予防に効果的に作用します。ビタミンB群やDも多く、肌の健康を保ち、カルシウムの吸収を助けます。里いもにも脳細胞を活性化させる成分が含まれています。

    主材料:米 鮭(甘塩) 里いも

  • ねぎとまぐろの鍋

    • かんたん
    • 20分以下
    • 170Kcal

    まぐろの赤身は脂質が少ない分カロリーが低く、特に血合い部分にはタウリンやビタミンEが多く含まれています。また、まぐろの鉄分やビタミンB12は、青ねぎに含まれる葉酸とともに、貧血予防に作用します。

    主材料:まぐろ(赤身) 青ねぎ

  • 鮭とかぶの粕汁鍋

    • 60分以下
    • 227Kcal

    酒粕はたんぱく質や食物繊維、ビタミンB群が豊富で、アルコール分が身体を温めてくれることで知られています。そのほかにも血圧を下げ、老化防止、抵抗力アップ、美肌効果など、様々な効能が期待できます。

    主材料:鮭(切り身) かぶ こんにゃく 酒粕

  • なめろう(あじのたたき)

    • 30分以下
    • 89Kcal

    青じそはβ-カロテンを多く含み、免疫力を高めるのに役立つとされています。代謝にかかわるビタミンB群を多く含み、疲労回復に働く味と一緒にとることで、病気に負けない身体づくりに役立ちます。

    主材料:あじ

  • ヒカド

    • 60分以下
    • 135Kcal

    じゃがいもやさつまいもはビタミンCを豊富に含み、加熱調理をしても失われにくいのが特徴です。ビタミンCは抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑えて、シミやそばかすの予防、免疫力アップに役立ちます。

    主材料:まぐろ(またはぶり) 大根 にんじん さつまいも