疲労にレシピ 1933件

検索条件

  • 疲労に
疲労に
エネルギーのもととなる糖質と糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を多く含む食品を摂ることが疲労回復に役立ちます。野菜や果物、調味料などの食品は、ビタミンB1の吸収を促進したり、疲労回復に役立つ成分を含んでいる事が多いので、偏らない食事をすることが大切です。酸味のきいた料理も効果的です。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • ほうれん草ののり和え

    • かんたん
    • 10分以下
    • 24Kcal
    • 塩分控えめ

    ほうれん草には、ビタミンA、C、鉄分、カルシウム、食物繊維が豊富に含まれています。鉄分はヘモグロビンの材料になるで、鉄分の不足による貧血やスタミナが不足するのを防ぐ働きがあります。

    主材料:ほうれん草 もみのり

  • ほうれん草としいたけのスープ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 31Kcal

    ほうれん草には鉄分、β-カロテン、ビタミンB12、しいたけにはビタミンDや食物繊維が多く含まれ、どちらも栄養が豊富な食材です。脂肪分はあまり含まれていません。香り控えめなのもうれしいですね。

    主材料:ほうれん草 干ししいたけ

  • にらときのこのヘルシースープ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 34Kcal
    • 塩分控えめ

    にらは、ビタミンAやB1、Cなどの栄養が豊富な野菜です。また、にらの特有の香りのもとである硫化アリルは、エネルギー代謝を活発にして身体を温めてくれます。

    主材料:にら 生しいたけ えのきたけ

  • ほうれん草のお浸し

    • かんたん
    • 10分以下
    • 41Kcal

    ほうれん草は鉄分やカリウムなどのミネラル、β-カロテンや葉酸などのビタミンを豊富に含む緑黄色野菜です。β-カロテンは強い抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑えてアンチエイジングに役立ちます。

    主材料:ほうれん草 しめじ

  • あさりと菜の花の和え物

    • かんたん
    • 10分以下
    • 46Kcal
    • 塩分控えめ

    春を感じる食材、菜の花はβ-カロテンの宝庫。抗酸化作用を持ち、活性酸素の働きを抑えてくれるほか、免疫力アップにも効果を発揮します。また、あさりには鉄分とビタミンB12が含まれ、貧血予防、改善に有効に作用します。

    主材料:菜の花 あさり

  • うずら卵の巣ごもりスープ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 47Kcal

    レタスに含まれるビタミンCは、紫外線でダメージを受けた肌に欠かせない栄養素です。ビタミンCは、一度にたくさんとっても使われない分は体外へ排出されるので、毎日とるように心がけましょう。

    主材料:うずら卵 レタス

  • 豆苗のスープ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 48Kcal

    豆苗は、もともと大きくなったえんどうの芽の先を手摘みした、中国の高級食材ですが、現在の日本ではスプラウトの一種として売られています。β-カロテンやビタミンCの含有量は、ほうれん草や小松菜以上で美容にもうれしい食材です。

    主材料:豆苗 かに身

  • いかとくうしんさいの炒め物

    • かんたん
    • 20分以下
    • 50Kcal

    いかは良質のたんぱく質を多く含み、低脂肪、低カロリーですので、ダイエット中の方や生活習慣病が気になる方にも安心して食べていただける食材です。代謝を活発にする赤唐辛子との組み合わせはダイエットにいっそう効果的です。

    主材料:いか くうしんさい ナンプラー

  • 豚肉とほうれん草のスープ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 53Kcal

    糖質代謝を促すビタミンB1の豊富な豚肉や、鉄分やβ-カロテンが豊富なほうれん草を使った、簡単に作れる栄養がたっぷりのスープです。食物繊維を多く含むもやしをたっぷり加えれば食べごたえもあり、大満足の一品になります。

    主材料:豚もも肉(薄切り) ほうれん草

  • ひらめの昆布〆ゆずの香り

    • 30分以下
    • 56Kcal

    ひらめは、アミノ酸バランスのよいたんぱく質が豊富に含まれています。低カロリー、低脂肪、ビタミン、ミネラルといった栄養成分も含まれているので、ダイエットにも効果的です。

    主材料:ひらめ(刺身用) ゆず果汁