疲労にレシピ 1933件

検索条件

  • 疲労に
疲労に
エネルギーのもととなる糖質と糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を多く含む食品を摂ることが疲労回復に役立ちます。野菜や果物、調味料などの食品は、ビタミンB1の吸収を促進したり、疲労回復に役立つ成分を含んでいる事が多いので、偏らない食事をすることが大切です。酸味のきいた料理も効果的です。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • しめじとレタスの卵炒め

    • かんたん
    • 10分以下
    • 127Kcal

    夜遅い時間の食事には、カロリーが低く、糖質・脂質が控えめで、たんぱく質が多く、更に消化の良いものが適しています。消化の良い、良質なたんぱく質が豊富な卵に、低カロリーなしめじとレタスを組み合わせるこで、遅い食事でも快眠効果が得られます。しめじには、ビタミンDが豊富に含まれており、カルシウムの吸収を促してストレスを和らげてくれます。レタスの苦み成分の一種「ラクチュコピクリン」には鎮静作用があり、より良い睡眠を求める方には最適な組み合わせです。

    主材料:しめじ レタス 卵

  • ほうれん草と豚肉の卵チャンプルー

    • かんたん
    • 10分以下
    • 200Kcal
    • 塩分控えめ

    すばやく簡単に調理できる炒めものは、お疲れ気味の時のエネルギー補給に最適です。疲労回復にはビタミンB1が豊富な豚肉が効果的ですが、疲れやすい方、特に体力がない方は鉄分不足が原因の場合も多くあります。豚肉のビタミンB1と卵のたんぱく質を組み合わせることで、ほうれん草に豊富な鉄分の吸収率もよくなり、より効率よい疲労回復効果が期待できます。

    主材料:ほうれん草 豚バラ肉 木綿豆腐 卵

  • ほうれん草と鶏肉の豆腐グラタン

    • 20分以下
    • 178Kcal

    ほうれん草に豊富な鉄分を効率よく吸収するにはたんぱく質を一緒にとるのも効果的です。血液を健やかに保つには、鶏肉やチーズ、豆腐など、多種のたんぱく質食材をバランスよく摂取しましょう。豆腐と白みそで作る簡単ソースのヘルシーなグラタンです。

    主材料:ほうれん草 鶏もも肉 絹ごし豆腐 豆乳 溶けるチーズ

  • レタスと豚肉のポン酢炒め

    • かんたん
    • 20分以下
    • 172Kcal

    豚肉に豊富なビタミンB1をはじめ、疲労回復に効果的な栄養がたっぷりの簡単レシピです。睡眠ホルモンメラトニンの生成に必要なトリプトファンも含まれます。レタスに豊富な睡眠作用も相乗して、睡眠を妨げる疲労の回復と快眠におすすめです。

    主材料:レタス 豚肉(薄切り) 玉ねぎ

  • オクラとなめこのあんかけ冷しゃぶ

    • 20分以下
    • 261Kcal

    豚肉に豊富なビタミンB1が糖質の代謝を改善してスタミナ補給になります。オクラはカルシウム・鉄・カロテン・ビタミンCなどを多く含み、栄養価も高いので、夏バテ予防になり、更に食物繊維が豊富ななめこを合わせることで、腸も整え、吸収率も上げて効率よく体の代謝を促しスタミナをつけることができます。

    主材料:豚肩ロース肉(薄切り) オクラ なめこ

  • きゅうりと甘酢しょうがの冷めん風冷奴

    • かんたん
    • 10分以下
    • 353Kcal

    きゅうりの、身体の余分な熱を排出する効果に加えて、しょうがをたっぷり入れることで、身体の芯は温め、冷え過ぎを防止します。きゅうりのβ-カロテン、ビタミンCと豆腐のたんぱく質が相乗し、うるおいのある肌を保持することもでき、夏場の女性におすすめの献立です。

    主材料:絹ごし豆腐 きゅうり しょうがの甘酢漬け 青じそ 温泉卵

  • いわしと玉ねぎのトマト煮

    • 60分以下
    • 198Kcal

    玉ねぎの血液サラサラ効果で血流改善、代謝が良くなり、いわしに含まれるEPAが更に血液をサラサラにしてくれるので、より効果的になります。トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用が高い為、体の酸化を防いでくれるだけでなく、メラニン生成を促す活性酸素を抑制し、チロシナーゼの働きを抑えます。その結果、美肌や美白にもつながり、血流改善と組み合わせることでより効果的になります。

    主材料:玉ねぎ いわし カットトマト(缶詰)

  • さばと玉ねぎの甘酢炒め

    • 20分以下
    • 646Kcal

    玉ねぎの血液サラサラ効果に加えて、さばの血合いの部分に多く含まれる不飽和脂肪酸のEPAには血を固まりにくくして血管を丈夫にし、血栓ができるのを防ぐ働きがあるため、動脈硬化や心臓病など生活習慣病の予防に効果が期待できます。また、DHAも含んでおり、脳の働きを活発にして記憶力や集中力を高める働きがあるので、お昼に食べると午後からの効率アップにつながりお勧めです。

    主材料:さば 玉ねぎ にんじん ピーマン

  • ほうじ茶プリンの黒蜜ソース

    • 60分超過
    • 170Kcal
    • 塩分控えめ

    ほうじ茶には、カテキンが豊富に含まれています。カテキンには抗酸化作用だけではなく、脂肪とコレステロールの吸収を抑える効果もあります。また熱に強いビタミンCも豊富で肌トラブル防止も期待できます。緑茶に比べてタンニンが少なく、カルシウムの吸収が阻害されにくいのも特徴です。

    主材料:ほうじ茶(茶葉) 牛乳 卵 砂糖 黒砂糖

  • 高野豆腐と青じその豚肉巻き

    • 30分以下
    • 133Kcal

    高野豆腐には、脂質の代謝を促進する大豆サポニンの他、老化を予防するビタミンE、骨粗しょう症の予防につながるイソフラボン、カルシウム、鉄、食物繊維も豊富です。また豚肉の豊富なビタミンB1が糖質の代謝を促進し、新陳代謝を活発にするのに役立ちます。

    主材料:高野豆腐 豚肉(薄切り) 青じそ