レシピの検索結果 7件

検索条件

  • 「あさり(缶詰)」を含む
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 白菜のクラムチャウダー

    • 20分以下
    • 130Kcal

    牛乳に含まれるセロトニンが、アルコールによって拡張した血管を収縮させて頭痛を和らげてくれます。また、あさりには、肝臓で脂肪代謝を助けるタウリンや、肝機能を高める成分、アミノ酸・ミネラル・グリコーゲンが含まれているので二日酔い自体も改善できます。同じ貝類でも、あさりの代わりに、かきを使うとより効果的です。

    主材料:白菜 あさり(缶詰) 牛乳

  • 里いもとあさりの煮っころがし

    • 30分以下
    • 132Kcal

    糖質源となり、栄養素のバランスがよい里いもと、疲労回復のビタミンB1や脳細胞の健康を保つ葉酸、コエンザイムQ10が豊富なえだ豆、疲労回復効果の高いタウリンが多いあさりをとることで、脳を活性化させ、疲労回復にもおすすめです。お昼ご飯やお弁当のおかずにすれば、午後のやる気アップにつながります。

    主材料:里いも あさり(缶詰)

  • あさりとキムチのスープ

    • 20分以下
    • 228Kcal

    あさりは、鉄分、ビタミンB12が豊富に含まれています。また、アミノ酸の一種であるタウリンが豊富に含まれていますので、心肺機能を高め、血液をサラサラにしてくれる効果が期待できます。また、利尿作用もありますので、むくみも解消してくれます。

    主材料:あさり(缶詰) キムチ

  • あさり缶のあっさりクラムチャウダー

    • 20分以下
    • 196Kcal

    牛乳や粉チーズは吸収のよいカルシウムが豊富です。また、あさりには、鉄分とアミノ酸の一種であるタウリンが豊富に含まれているので、心肺機能を高め、持久力を維持するのに役立ちます。

    主材料:あさり(缶詰) じゃがいも

  • シーフードたっぷりスパゲッティ

    • 30分以下
    • 297Kcal

    あさりは鉄分に加えて、貧血と関係の深いビタミンB12が非常に多く、貧血気味の方や低血圧の方、妊産婦に適した食品です。ビタミンやうま味成分であるコハク酸は、煮汁に溶け出すので、身だけではなく汁ごといただきましょう。

    主材料:えび ほたて貝柱 あさり(缶詰) トマトソース

  • あさりとたけのこの卵とじ

    • 20分以下
    • 261Kcal

    たけのこは食物繊維を多く含み、腸内で余分なコレステロールの吸収を抑えます。また、コレステロールを下げる働きのあるタウリンが豊富なあさりとは、相性のよい組み合わせです。

    主材料:あさり(水煮・缶詰) たけのこ(ゆで) 卵

  • 深川丼

    • 30分以下
    • 449Kcal

    あさりはカルシウム、鉄分、亜鉛などのミネラルや、肝臓の働きを助け疲労回復に役立つタウリンなどを多く含んでいる栄養豊富な食材です。貧血や味覚の低下、骨粗しょう症を防ぐのに効果的なメニューです。

    主材料:あさり(むき身) ご飯