レシピの検索結果 786件

検索条件

  • 「しょうが」を含む
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • みょうがとなすのもみ漬け

    • かんたん
    • 10分以下
    • 16Kcal

    みょうがに含まれる精油成分α-ピネンの、発汗、利尿作用の促進効果により、体にこもった余分な熱を排出することができます。更になすを組み合わせることで、なすに豊富なカリウムが、より体の熱を発散してくれます。冷やし過ぎは気になりますが、みょうがには血流を良くする効果もあり、反対に体を適度に温めることもできます。余分な熱を排出しながら冷え過ぎを緩和できる、夏バテ対策には最適な組み合わせです。利尿作用が強いことから、むくみ改善、デトックス効果も期待できます。

    主材料:なす みょうが 青じそ

  • しそみそきゅうり

    • かんたん
    • 10分以下
    • 46Kcal
    • 塩分控えめ

    きゅうりに豊富なカリウムには高い利尿作用があり、体の中心の熱を発散させ、身体を中からクールダウンさせるのに役立ちます。夏バテにとても効果的ですが、体の冷やしすぎも禁物。青じその抗酸化作用や食欲増進効果、豊富なミネラルとビタミン類を一緒にとることで、栄養バランスを整え、疲労回復に役立ちます。また、にんにくのスタミナ効果もあり、より効果的な夏バテ解消につながります。

    主材料:青じそ しょうが 削り節 みそ きゅうり

  • 梅しそ鶏天

    • 60分以下
    • 388Kcal

    梅に含まれるクエン酸は筋肉にたまった疲労物質である乳酸をエネルギーに変えるのに役立ちます。また、鶏むね肉に豊富なアミノ酸の一種イミダペプチドは、疲労の原因となる活性酸素を抑えて細胞へのダメージを防ぎ、疲労回復を促すのに働きます。さらに青じそを加えることで、食欲を増進させて胃の調子を整えると同時に、豊富なビタミン・ミネラルも相乗してより効果的に疲労回復につながります。活動的な方におすすめの体力強化に役立つレシピです。

    主材料:鶏むね肉 青じそ 梅肉

  • セロリといかのほうれん草炒め

    • 10分以下
    • 105Kcal

    セロリの独特の香り成分アピインには鎮痛作用があり、頭痛を和らげる効果が期待されています。ほうれん草を加えることで、豊富なマグネシウムが脳血管の緊張を緩和し、血圧を下げ、脳や神経の興奮を鎮めてさらに頭痛を緩和してくれます。ビタミン、ミネラルが豊富なほうれん草を組み合わせることで栄養バランスも整い、身体全体の調子も整えることができ、頭痛の予防にもなります。

    主材料:セロリ いか ほうれん草

  • エリンギのみそ煮込みうどん

    • 20分以下
    • 503Kcal

    しょうがの体を温める効果に加え、とろみのある煮込みうどんは冷めにくく体を温めてくれます。エリンギの他、ごぼうやにんじんからも整腸作用のある食物繊維が摂取でき、発酵食品のみそを組み合わせることで、腸内環境の改善に役立ちます。更に長ねぎにも体を温める効果があることから、おなかの調子を整えたい、冷え性の方におすすめです。

    主材料:生うどん エリンギ 長ねぎ 赤みそ

  • まいたけと牛肉とごぼうの甘辛炒め

    • 20分以下
    • 157Kcal

    手軽で作り置きにも便利、煮物や炒め物などにリメイクもしやすい常備菜です。まいたけの免疫力を高める効能に加え、ごぼうに豊富な水溶性食物繊維、イヌリンにも同様の効能があり、細胞を作る主となる栄養素タンパク質を牛肉から摂取もできる、免疫強化に効率的なバランスレシピです。

    主材料:まいたけ 牛ロース肉(薄切り) ごぼう しょうが

  • まいたけと鶏手羽先の水炊き

    • 60分以下
    • 160Kcal

    手羽先のプルプルコラーゲンをたっぷり摂取でき、体も温まるお鍋。乾燥肌対策や細胞の再生、強化にも活躍し、ウイルスの侵入を防ぐ効果も期待できます。体内の免疫細胞を活性化してくれるまいたけと組み合わせることで、より効果的に、風邪やインフルエンザに負けない体つくりをしましょう。

    主材料:まいたけ キャベツ 鶏手羽先 しょうが

  • まいたけの梅しょうがスープ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 13Kcal

    体が冷えるとそれだけで全身の免疫力が落ちてしまいます。しょうがたっぷりの温かいスープで体を温め、まいたけに含まれるβ-グルカン(多糖類)をはじめ、ビタミンB1、B2、ビタミンDなどの栄養素が体内でより効率よく働き、免疫力強化できるようにしましょう。まいたけの栄養が壊れすぎないように、さっと火にかけ、栄養の溶けだしたスープを余さず飲んで、更に効率アップです。

    主材料:まいたけ しょうが(すりおろし) 梅昆布茶

  • しめじとはまぐりの卵とじうどん

    • 20分以下
    • 292Kcal

    しめじに豊富なビタミンDはカルシウムの吸収促進により、ストレスを和らげるのに役立ちます。糖質であるうどんを減らしても、しめじの食感で満足感も得られるのでヘルシー。受験生やお仕事向けのお夜食にもぴったりです。はまぐりを合わせることで旨みがでるだけでなく、疲労回復、神経機能の正常化など、しめじの栄養素と相乗して効果が期待できます。受験生の方には七味などをかけて少々刺激をプラスするのもおすすめです。

    主材料:しめじ はまぐり 卵 うどん

  • しめじとかきの酸辣湯

    • かんたん
    • 10分以下
    • 72Kcal

    しめじには二日酔いに効果的なオルニチンが多く、肝臓を守りアルコールの代謝を助けてくれます。アルコール代謝に効果的なタウリンと亜鉛を豊富に含んだかきを合わせることで、より効果が高まり、食べることで次の日に疲れが残りにくくなります。胃にもたれないよう油は使わず、酸味で胃の消化を助けてくれるので、遅い時間のお夜食にも最適です。

    主材料:しめじ 長ねぎ 絹ごし豆腐 かき