レシピの検索結果 338件

検索条件

  • 「じゃがいも」を含む
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • セロリとアーモンドのポテトサラダ

    • 10分以下
    • 165Kcal
    • 塩分控えめ

    セロリやじゃがいもの皮に特に多く含まれているカリウムは、体内の余分な塩分を排出して正常化する作用を持ち、むくみの解消や、二日酔いなどの軽い脱水作用で体内の電解質のバランスが崩れた時の補給になり、これによって引き起こされる頭痛解消にもつながります。また、セロリには独特の香り成分アピインに鎮静作用があり、頭痛解消に効果的と言われています。そこへ、アーモンドを組み合わせることで、豊富なマグネシウムが血管の緊張をやわらげるのに役立つので、頭痛の軽減におすすめの組み合わせ料理です。

    主材料:セロリ じゃがいも アーモンド ベーコン

  • 鶏レバーと新じゃがのあっさり煮物

    • 60分超過
    • 287Kcal

    レバーに含まれるたんぱく質と鉄、じゃがいものビタミンCが相互に働き、効率よいコラーゲン生成につながります。また、鉄は、皮膚・粘膜の合成に欠かせない栄養素であり、美肌の天敵であるシミやニキビを攻略して、ハリをもたらしてくれます。ビタミンCの美肌効果もプラスされ、美白はもちろん、美容全般に最適なお料理です。

    主材料:新じゃがいも 鶏レバー 糸こんにゃく

  • 鮭とじゃがいものレモンはさみ焼き

    • 10分以下
    • 276Kcal

    紫外線に負けない美肌作りにおすすめのレシピです。じゃがいもやレモンに豊富なビタミンCが、シミの原因となるメラニンを阻害し、コラーゲン生成を促進するため、美白だけでなくハリ・ツヤにも効果的です。更に鮭に含まれ赤い色のもとであるアスタキサンチンは抗酸化作用が非常に強く、肌の老化対策に役立ちます。レモンなどの柑橘類には光を浴びることでメラニンの沈着を促進する成分が含まれているので、食後に日光を浴びる朝食より、夕食にとるとよいでしょう。

    主材料:じゃがいも 鮭

  • 塩豚肉じゃが

    • 30分以下
    • 273Kcal

    じゃがいもに豊富なビタミンCには、美肌に効果的なコラーゲン生成促進、シワの原因ともなる活性酸素の除去、シミの原因となるメラニンの阻害などの働きがあり、美肌に効果的。豚肉に含まれるビタミンB1は疲労回復や体内のエネルギーの代謝に効果的です。疲れやすく、肌の調子が不調の方は豚肉も一緒に取ることで体全体の代謝も良くして美肌効果をより効率よく高めましょう。ランチに食べると午後からの活力にもなります。

    主材料:豚バラ肉(スライス) じゃがいも(男爵) 玉ねぎ 糸こんにゃく

  • じゃがいもとにんじんの玉ねぎサラダ

    • 20分以下
    • 73Kcal

    ノンオイルでしっかり美味しい玉ねぎのヘルシードレッシングが血流を促進させ、じゃがいもに豊富な美肌効果の高いビタミンCを体の隅々に送り、肌の老化防止、コラーゲン生成促進、美白効果をアップさせてくれます。カリウムも多い為、むくみも改善、更に、にんじんのβカロテンは肌の新陳代謝を向上させるので、美容効果の高いお料理です。是非、朝食にとりいれて、朝から美容効果を高めましょう。

    主材料:じゃがいも(メークイン) にんじん 玉ねぎ

  • にんじんとじゃがいものカリカリ焼き

    • 10分以下
    • 227Kcal

    にんじんに豊富なβカロテンが体内でビタミンAに変化し、肌の調子だけでなく、呼吸器官などを正常に維持し、免疫を強化してくれます。じゃがいもと合わせることで、さらにビタミンCがプラスされ、抗酸化作用も強くなり、より効果的になります。また、油で焼いているので、βカロテンが効率よく吸収でき、おすすめの組み合わせです。

    主材料:にんじん じゃがいも

  • サーモンと野菜のガトー・インビジブル

    • 60分超過
    • 198Kcal

    ガトー・インビジブルをカラフル野菜をたっぷり使って、甘くないお食事系に仕上げました。緑黄食野菜は熱に強くβ-カロテンも豊富で、脂溶性ビタミンなので、バター、チーズと一緒に摂れば吸収力も高まります。

    主材料:卵 薄力粉 シュレッドチーズ じゃがいも パプリカ(赤) パプリカ(黄) アボカド さやいんげん スモークサーモン シュレッドチーズ

  • 絹さやとシャキシャキ新じゃがのごま和え

    • かんたん
    • 10分以下
    • 85Kcal
    • 塩分控えめ

    絹さやに豊富で、じゃがいもには加熱に強い状態で含まれているビタミンCが、体内の脂質の酸化を防止し、美肌・美白へ導いてくれます。ビタミンC以外の栄養素がそろっていると言われるごまと合わせることで、相乗効果が得られ、より効果的になります。

    主材料:絹さや 新じゃがいも

  • さば缶のポテトサラダ

    • かんたん
    • 30分以下
    • 117Kcal

    さばに豊富に含まれるEPAやDHAには、免疫力UP、血液サラサラなどの効果があるとされています。さばの水煮缶は、新鮮なさばを使用して真空調理されるので、DHA、EPAが酸化しにくく、塩分も控えめです。またじゃがいものビタミンCの抗酸化作用でDHAの効果がUPします。

    主材料:じゃがいも さば水煮(缶詰)

  • 長ねぎと鮭の酒粕クリーム煮

    • 20分以下
    • 420Kcal

    疲労気味の胃腸に油の多い料理は負担になります。クリームを、消化が良くビタミンの豊富な白みそと酒粕、豆乳で作り、また、消化が良く疲労回復のビタミンB1が豊富な鮭を具材にして、効率的に栄養を摂取しましょう。長ねぎに豊富な成分「アリシン」は、ビタミンB1の吸収を更に助け、疲労物質である乳酸を分解する作用もあるのでより効果的。免疫力向上、血行促進作用などもあるとされ、疲労回復しながら風邪予防の効果も期待できる献立です。

    主材料:長ねぎ 生鮭 じゃがいも 酒粕