レシピの検索結果 45件

検索条件

  • 「ちりめんじゃこ」を含む
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • セロリとじゃこのごま酢和え

    • かんたん
    • 20分以下
    • 71Kcal

    セロリの香り成分の代表格アピインには鎮痛作用があり、頭痛の緩和に働きます。ごまには、ビタミンEが豊富に含まれており、血流をよくし、エストロゲンのバランスも整えてくれるので、生理中に起こる片頭痛を防ぐのに役立ちます。また、頭痛の予防に効果的なマグネシウムも含まれ、高血圧緩和も促します。更にリラックス効果のあるカルシウムが多いじゃこを組み合わせて、頭痛全般に効果が期待できる料理です

    主材料:セロリ(茎) ちりめんじゃこ すりごま(白)

  • なすとほうれん草の甘酢なめこ煮

    • かんたん
    • 10分以下
    • 156Kcal

    なすの皮に含まれる色素成分ナスニンは、抗酸化作用が強く、しみ・そばかす、しわなど肌の老化にも効果的。また、ほうれん草の鉄分が貧血を防ぎ、ビタミンEには血管の酸化を防ぐ働きがあります。さらに、なめこに含まれるぬめりの主成分コンドロイチンは肌の乾燥を防ぐのに働きます。血行や肌の血色がよくなる美肌効果の高い組み合わせです。

    主材料:なめこ なす ほうれん草

  • 小松菜ときくらげの卵とじ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 64Kcal

    ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で栄養価の高い小松菜には、特にカルシウムが多く含まれています。きくらげに含まれるビタミンDがカルシウムの吸収を促進するため、一緒にとるとより効果的。骨を丈夫にするだけでなく、ストレスの緩和にもつながり、リラックス効果やイライラ改善も期待できます。

    主材料:小松菜 きくらげ(乾燥) 卵

  • トマトとたたききゅうりのピリ辛和え

    • かんたん
    • 10分以下
    • 80Kcal

    むくみが気になる方へのアンチエイジングレシピです。トマトに豊富なビタミンやリコピンの抗酸化作用は肌の再生を促し、老化防止に役立ちます。きゅうりに豊富なカリウムは余分な水分を排出してむくみ予防に働きます。長ねぎと唐辛子による代謝を高めて身体を温める効果で、夏野菜で身体が冷えるのを防ぎます。冷房などで身体が冷えたりむくんだりする方におすすめです。

    主材料:ミニトマト きゅうり

  • さつまいもとじゃこのおろしぽん酢和え

    • かんたん
    • 10分以下
    • 118Kcal
    • 塩分控えめ

    腸内環境を整えるには、まず胃などの消化分解機能も正常に働かなくてはいけません。大根の生酵素には、消化に役立つアミラーゼ、リパーゼ、プロテアーゼが豊富です。生食することで胃腸の負担を減らしましょう。大根おろしの辛味である「イソチオシアネート」にも消化促進作用がありますが、揮発性のため、おろしてから15分以内に食べることをおすすめします。

    主材料:さつまいも ちりめんじゃこ 大根(おろし)

  • さつまいもの水切りヨーグルトサラダ

    • 60分超過
    • 241Kcal

    腸内に増えた悪玉菌が作り出す悪性物質は、腸の動きを鈍くしてしまうので、食物繊維をよくとっていても便秘になってしまいます。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内を酸性に整え、悪玉菌を抑制し、腸を活性化させてくれます。腸に届くまでに強い胃酸などで死んでしまいますが、その分解物質が腸内の善玉菌のエサになり、腸内環境改善に働きます。植物性由来の乳酸菌は比較的強く、また、有胞子乳酸菌など腸内まで生きたまま届くものだと早い効果が得られます。

    主材料:さつまいも プレーンヨーグルト(無糖)

  • 万願寺とじゃこの炊いたん

    • かんたん
    • 20分以下
    • 72Kcal

    ちりめんじゃこに含まれるカルシウムや、万願寺のビタミンC、E、Aなどが夏バテを解消してくれます。さらに万願寺には、カプサイシンを豊富に含まれ、食欲増進の働きにも効果的です。

    主材料:万願寺唐辛子 ちりめんじゃこ

  • 夏野菜の冷製とろとろ茶碗蒸し

    • 30分以下
    • 61Kcal

    きゅうりの成分、イソクエルシトリンには利尿作用があり、冷房の効きすぎによる体調不調やだるさ、むくみといった症状に最適です。さらに、豊富なカリウムは塩分の排出を促進し、むくみを取ります。ビタミンCも多く、疲労回復にも役立つので、二日酔いや夏場の食欲不振などにも効果的です。きゅうりは身体を冷やしますが、一緒に加えるかぼちゃには血行を促進するビタミンEが豊富で、身体を温め、冷えすぎを予防できます。

    主材料:卵 だし汁(かつお・昆布)

  • えだ豆とじゃこのさっぱり混ぜご飯

    • かんたん
    • 20分以下
    • 346Kcal

    えだ豆は、たんぱく質、ビタミンA、B1、B2、C、カルシウム、食物繊維を含む、豆と野菜の両方の栄養素を合わせて持つ優秀食材です。また、ちりめんじゃこにはカルシウムが豊富に含まれています。

    主材料:ご飯(温かいもの) えだ豆

  • 厚揚げのじゃこマヨ焼き

    • 20分以下
    • 114Kcal
    • 塩分控えめ

    厚揚げには、消化のよい良質のたんぱく質、糖質の吸収を助ける働きのあるビタミンB1、鉄分、カルシウムが豊富に含まれています。チーズ、ちりめんじゃこには、カルシウムが豊富に含まれていますので、神経の伝達をスムーズにし、判断力や集中力を高める効果があります。

    主材料:厚揚げ ちりめんじゃこ マヨネーズ