レシピの検索結果 248件

検索条件

  • 「セロリ」を含む
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • セロリとアーモンドのポテトサラダ

    • 10分以下
    • 165Kcal
    • 塩分控えめ

    セロリやじゃがいもの皮に特に多く含まれているカリウムは、体内の余分な塩分を排出して正常化する作用を持ち、むくみの解消や、二日酔いなどの軽い脱水作用で体内の電解質のバランスが崩れた時の補給になり、これによって引き起こされる頭痛解消にもつながります。また、セロリには独特の香り成分アピインに鎮静作用があり、頭痛解消に効果的と言われています。そこへ、アーモンドを組み合わせることで、豊富なマグネシウムが血管の緊張をやわらげるのに役立つので、頭痛の軽減におすすめの組み合わせ料理です。

    主材料:セロリ じゃがいも アーモンド ベーコン

  • セロリとじゃこのごま酢和え

    • かんたん
    • 20分以下
    • 71Kcal

    セロリの香り成分の代表格アピインには鎮痛作用があり、頭痛の緩和に働きます。ごまには、ビタミンEが豊富に含まれており、血流をよくし、エストロゲンのバランスも整えてくれるので、生理中に起こる片頭痛を防ぐのに役立ちます。また、頭痛の予防に効果的なマグネシウムも含まれ、高血圧緩和も促します。更にリラックス効果のあるカルシウムが多いじゃこを組み合わせて、頭痛全般に効果が期待できる料理です

    主材料:セロリ(茎) ちりめんじゃこ すりごま(白)

  • 炒めセロリのオレンジヨーグルトソース

    • 10分以下
    • 43Kcal
    • 塩分控えめ

    血圧が高い方や、肩こりがひどい方など、ガンガンするような頭痛の原因は、カルシウム不足である可能性が大きいです。血管を収縮する時に働くカルシウムが不足すると、脳からの指令で、骨に蓄えられたカルシウムを放出してでも、血液中のカルシウム濃度を一定に保とうとします。骨から放出されたカルシウムは、通常より細胞内に入り込みやすく、血管の細胞を過剰に収縮させて、精神的な緊張や、疲れた時に頭痛や肩こりを引き起こします。また、血圧も上昇させてしまいます。普段からカルシウムを摂取することで頭痛予防になり、セロリの香り成分アピインの鎮痛作用で頭痛を和らげてくれます。

    主材料:セロリ ネーブル プレーンヨーグルト

  • セロリといかのほうれん草炒め

    • 10分以下
    • 105Kcal

    セロリの独特の香り成分アピインには鎮痛作用があり、頭痛を和らげる効果が期待されています。ほうれん草を加えることで、豊富なマグネシウムが脳血管の緊張を緩和し、血圧を下げ、脳や神経の興奮を鎮めてさらに頭痛を緩和してくれます。ビタミン、ミネラルが豊富なほうれん草を組み合わせることで栄養バランスも整い、身体全体の調子も整えることができ、頭痛の予防にもなります。

    主材料:セロリ いか ほうれん草

  • タイ風焼きなすサラダ

    • 20分以下
    • 223Kcal

    なすに含まれるカリウムが利尿作用を促し、むくみが取れ、リンパ液の代謝を促します。一緒にパプリカ、レモン、アーモンドを取ることで、美容のビタミンとも言われる、ビタミンACEをバランスよく摂取できます。同時に牛肉からたんぱく質とコラーゲンを補充することで、美肌への相乗効果を体全体にいきわたらせることが出来ます。更に玉ねぎの血液サラサラ作用も加わり効果的です。

    主材料:なす 牛ひき肉

  • めんつゆピクルス

    • かんたん
    • 60分超過
    • 59Kcal

    ピクルスは、塩、酢、調味液に、野菜を漬け込んで発酵させたもので、植物性乳酸菌が含まれているため、腸内環境を整え便秘解消に効果があります。またクエン酸が疲労回復に役立ち、胃液の分泌を促すので、食欲不振の解消してくれます。

    主材料:にんじん 大根 きゅうり セロリ みょうが めんつゆ(ストレート)

  • 厚揚げの和風ミネストローネ

    • かんたん
    • 30分以下
    • 184Kcal

    厚揚げは、木綿豆腐と比べると、カルシウムは約2倍、鉄分は3倍、たんぱく質は5倍含まれています。鉄分の吸収を高めるビタミンCを含む野菜と一緒にとる事で、鉄分の吸収が良くなり、貧血予防に効果があります。

    主材料:厚揚げ 玉ねぎ

  • さば缶のポテトサラダ

    • かんたん
    • 30分以下
    • 117Kcal

    さばに豊富に含まれるEPAやDHAには、免疫力UP、血液サラサラなどの効果があるとされています。さばの水煮缶は、新鮮なさばを使用して真空調理されるので、DHA、EPAが酸化しにくく、塩分も控えめです。またじゃがいものビタミンCの抗酸化作用でDHAの効果がUPします。

    主材料:じゃがいも さば水煮(缶詰)

  • 干し柿とセロリの豚肉巻き

    • 30分以下
    • 332Kcal

    干し柿はβ-カロテンを豊富に含みます。β-カロテンは体内でビタミンAになり、目や粘膜、皮膚の健康を保ち、成長を促し、病気の回復や風邪の予防に役立ちます。また豚肉に含まれるたんぱく質とビタミン群で相乗効果が期待できます。

    主材料:豚ロース肉(薄切り) 干し柿 セロリの茎

  • とうがんとセロリのきんぴら

    • かんたん
    • 10分以下
    • 58Kcal
    • 塩分控えめ

    とうがんは豊富なカリウムに利尿作用があり、水分を排出する働きを高めてむくみ改善に最適です。その上、ビタミンCも多く、カロリーが低く、食物繊維は水溶性と不溶性のバランスがよい為、便秘解消の効果もある、女性に嬉しい食材です。セロリにはピラジンという香り成分があり、血流を良くしてくれるので、冷え性改善や、新陳代謝の活性、疲労回復、免疫力アップになり、とうがんの身体を冷やす性質を補うことができます。また、豊富なビタミンEが末端血管の拡張を促すので、冷え性改善にも効果的です。

    主材料:とうがん(皮に近い部分) セロリ