レシピの検索結果 56件

検索条件

  • 「春菊」を含む
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 春菊団子

    • 60分以下
    • 244Kcal
    • 塩分控えめ

    お茶のおともにぴったりのやさしい味のお団子です。春菊は、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあるとされているビタミンAを多く含んでいます。肌の調子が気になる方に、積極的にとってほしい栄養素です。

    主材料:春菊(葉先のやわらかい部分) 上新粉

  • 白菜のシーザーサラダ

    • 10分以下
    • 185Kcal
    • 塩分控えめ

    白菜に含まれるカリウムや、バランスよく多種含まれているビタミン類・ミネラルが水分の代謝を促進してむくみ改善に役立ちます。春菊にもカリウムが豊富なため、合わせることでより効果的になります。

    主材料:白菜 春菊 京揚げ

  • 春菊と卵のスープ

    • 10分以下
    • 58Kcal

    春菊はビタミンC、E、鉄分など、栄養価が非常に高い野菜です。ビタミンCは、強い抗酸化作用を持ち、活性酸素の働きを抑えるほか、免疫機能の向上にも働き、風邪予防にも役立つとされています。

    主材料:春菊 卵

  • 春菊とポーチドエッグのスープ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 85Kcal

    良質のたんぱく質やビタミン、ミネラルをバランスよく含む栄養価の高い卵ですが、ビタミンCと食物繊維が足りません。春菊と一緒にとることで不足している栄養素が補われ、栄養バランスのよいメニューになります。

    主材料:春菊 卵

  • 長ねぎと春菊の炒めて簡単ごまくるみ和え

    • かんたん
    • 10分以下
    • 93Kcal
    • 塩分控えめ

    春菊やにんじんに豊富なビタミンA、C、Eがウイルスの活動を抑制し、免疫効果を高め、長ねぎの血行促進作用や殺菌効果と合わせることでより効率的に風邪対策に役立ちます。また、くるみに多いビタミンB1は、長ねぎに豊富な「アリシン」、ごまに豊富なミネラルにより吸収率が10倍以上にも増え、疲労回復、糖質の代謝アップの効果も期待できます。ゆで野菜の和え物より簡単に炒めて作ることで、栄養素も逃さず摂取できます。

    主材料:春菊 長ねぎ くるみ

  • 春菊のクリームスープ

    • 60分以下
    • 244Kcal

    調理に少し手間を加えれば、葉野菜の水溶性ビタミン類もしっかり補えます。また、脂溶性のビタミンEやβ-カロテンは、油と一緒にとると吸収が高まります。抗酸化力のあるビタミンを効率よくとりましょう。

    主材料:春菊 じゃがいも 牛乳

  • かに汁鍋

    • 60分以下
    • 272Kcal

    かにのゆで汁はだしが魅力です。かにの赤い色は、アスタキサンチンというカロテン色素によるもので、強い抗酸化作用を持っています。にんじんや菊菜のβ-カロテンも同様で、老化防止や生活習慣病予防などの働きをします。

    主材料:毛がに(またはわたりがに) かぶ にんじん ごぼう 菊菜 木綿豆腐

  • えびいもの煮物

    • 60分以下
    • 137Kcal

    えびいもには脂肪の燃焼に必要なビタミンB2が多く、カロリーも低いうえに、腹持ちがよいので、ダイエットに最適な食材です。塩分(ナトリウム)の排泄効果があるカリウムが、じゃがいもよりも豊富なので、高血圧が気になる方の栄養補給にも適しています。

    主材料:

  • 桜えびと春菊の混ぜご飯

    • 60分以下
    • 195Kcal
    • 塩分控えめ

    春菊はβ-カロテンが非常に多く、活性酸素を無毒化、免疫力を高めます。春菊の特有の香りのもと、アルファピネンやペリルアルデヒドなどの精油成分が胃腸の働きを高めますので、胃もたれ解消に効果が期待できます。

    主材料:米 春菊 桜えび

  • かつおのみそ煮

    • 30分以下
    • 234Kcal

    かつおの血合いには鉄分が多く含まれています。体内の鉄分の多くは赤血球中でヘモグロビンの構成成分になり、体の隅々まで酸素を届ける大切な働きをしていますので、不足しないよう気をつけたい栄養素です。

    主材料:かつお(上身) 赤みそ