レシピの検索結果 56件

検索条件

  • 「春菊」を含む
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 春菊のクリームスープ

    • 60分以下
    • 244Kcal

    調理に少し手間を加えれば、葉野菜の水溶性ビタミン類もしっかり補えます。また、脂溶性のビタミンEやβ-カロテンは、油と一緒にとると吸収が高まります。抗酸化力のあるビタミンを効率よくとりましょう。

    主材料:春菊 じゃがいも 牛乳

  • 春菊団子

    • 60分以下
    • 244Kcal
    • 塩分控えめ

    お茶のおともにぴったりのやさしい味のお団子です。春菊は、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあるとされているビタミンAを多く含んでいます。肌の調子が気になる方に、積極的にとってほしい栄養素です。

    主材料:春菊(葉先のやわらかい部分) 上新粉

  • 鮭しんじょと菊菜のお吸い物

    • 30分以下
    • 62Kcal

    鮭やほたてにはタウリンが含まれており、病気に対する抵抗力を高め、心臓の働きを強くする働きがあります。菊菜はβ-カロテンをはじめとする栄養素が豊富で免疫力アップのほかに様々な生活習慣病予防に期待ができます。

    主材料:生鮭 ほたて貝柱 菊菜

  • いかとなめこのわた和え

    • 60分以下
    • 84Kcal

    いかのわたには、コレステロールを低下させるタウリンのほか、記憶力を向上させるDHAや血栓を作りにくくするEPA、代謝を促進するビタミンB群が多く含まれます。身体の機能を高め、高血圧や動脈硬化などを予防に期待できます。

    主材料:するめいか なめこ

  • 蓮もちのお雑煮

    • 60分以下
    • 150Kcal

    れんこんは、美肌、風邪予防、血行促進に働くビタミンCを豊富に含みます。お餅を使わないヘルシーなお雑煮です。

    主材料:れんこん 大根 春菊

  • はまぐりのワイン蒸し春菊ソース

    • 60分以下
    • 121Kcal

    春菊には、ほうれん草や小松菜を上回る量のβ-カロテンが含まれています。β-カロテンは、活性酸素の生成を抑制し、肌の老化を防いでくれます。春菊の独特の香りの成分は、胃腸の働きを促進して消化吸収を助けてくれます。

    主材料:はまぐり 白ワイン 春菊

  • まつたけと菊菜の天ぷら

    • 20分以下
    • 209Kcal

    菊菜は、β-カロテンやビタミンB群、C、鉄分、カルシウム、カリウム、食物繊維などを豊富に含んでいます。まつたけや菊菜の香り成分は、食欲を増進させ、胃腸の働きや消化酵素の分泌を促進し、消化吸収を高めてくれるとされています。

    主材料:まつたけ 菊菜 薄力粉

  • 菊菜と菊の花の煮浸し

    • 60分以下
    • 60Kcal

    菊菜は漢方では胃腸を丈夫にし、消化をよくする働きが期待できると言われています。菊菜は抗酸化作用のあるβ-カロテンをとても多く含んでいますので、アンチエイジングや生活習慣病予防に役立つ食材です。

    主材料:菊菜 食用菊 鶏ささ身

  • ひと塩ふぐの天ぷら

    • 30分以下
    • 339Kcal

    ふぐは高たんぱく、低カロリーで脂質が少なく、淡白な味わいの白身魚です。ビタミンB群やビタミンD、Eを含み、冷え性や肩こり、疲労などに効果が期待できます。また、しめじは食物繊維が多く低カロリーの食材です。

    主材料:ひと塩ふぐ しめじ 薄力粉 溶き卵

  • てっちり(ふぐのちり鍋)

    • 60分以下
    • 457Kcal

    ふぐは高たんぱく質、低脂肪のヘルシーな食材です。また、ふぐは肌の弾力やハリにかかわるとされるコラーゲンを多く含んでいますので、美肌作りや生活習慣病予防が気になる方にはうれしい食材です。

    主材料:ふぐ(上身) ふぐ(あら) ふぐ(白子) 白菜