レシピの検索結果 5545件

  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • トマトとチンゲン菜のスープ

    • 10分以下
    • 110Kcal

    トマトに含まれている抗酸化成分リコピンは同じ赤い色素であるβ-カロテンの2倍以上とも言われています。加熱調理することによって吸収率が高くなりますので、スープやシチューがおすすめです。

    主材料:トマト チンゲン菜

  • コンソメジュリエンヌ

    • 10分以下
    • 17Kcal

    一日に30品目の食べ物を食べるのが理想といわれています、実際にはなかなか難しいものです。いろいろな野菜を少しずつ、いろいろな料理に使うことがポイントです。工夫をして30品目に近づけましょう。

    主材料:にんじん

  • トマトサラダ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 140Kcal
    • 塩分控えめ

    トマトの赤い色素で、強い抗酸化作用のあるリコピンはその多くが皮に含まれています。美容にも健康にも効果を発揮するリコピンを無駄なくとるためにも、皮はむかずに丸ごといただきましょう。

    主材料:トマト 小玉ねぎ(ペコロス) サニーレタス

  • ローストビーフのサラダ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 291Kcal

    肉料理に野菜を合わせるとメインの料理を引き立てておいしく見せるほかに、肉には含まれていないビタミンCなどのビタミンやカリウムなどのミネラル、食物繊維が加わり、栄養バランスの良い一品になります。

    主材料:ローストビーフ(市販) チコリー

  • ハムのハワイアンソテー

    • 10分以下
    • 530Kcal

    パイナップルの甘酸っぱさはお肉の味を引き立ててくれるので、ハムとも相性も抜群です。パイナップルには食物繊維が豊富に含まれていますので、便秘予防やコレステロール値を下げるのに役立ちます。

    主材料:ロースハム(厚切り) パイナップル(缶詰) グリーンアスパラガス

  • フルーツパンチ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 93Kcal
    • 塩分控えめ

    フルーツにはビタミンやミネラル、食物繊維など、生活習慣予防に役立つ栄養素が含まれています。厚生労働省では、1日におよそ200gを推奨しています。

    主材料:オレンジジュース パイナップルジュース みかん(缶詰) パイナップル(缶詰)

  • 安倍川もち

    • かんたん
    • 10分以下
    • 277Kcal
    • 塩分控えめ

    きな粉の原料の大豆は多くの栄養素が含まれています。とくにタンパク質は生命維持に不可欠な必須アミノ酸が、もち米に含まれるアミノ酸と足りない部分を補い合って一層バランスが良くなりますので、もちとの相性はピッタリです。

    主材料:角もち きな粉

  • ごまもち

    • かんたん
    • 10分以下
    • 310Kcal
    • 塩分控えめ

    ごまはビタミンEや不飽和脂肪酸などを豊富に含む、抗酸化力が強い食材です。しかし、エネルギ ーが高いので、カロリーオーバーの原因になることもありますので、とり過ぎに注意しましょう。

    主材料:丸もち いりごま(白) 白みそ

  • 明太子もち

    • かんたん
    • 10分以下
    • 145Kcal

    明太子のピリッとした辛みがお酒のあてにも良い一品です。明太子には代謝にかかわるビタミンB1、B2、抗酸化作用を持つビタミンEなどが多く含まれるほか、代謝を高めるとされるカプサイシンも含まれています。

    主材料:角もち 辛子明太子

  • ツナのカクテル

    • 10分以下
    • 159Kcal
    • 塩分控えめ

    まぐろの赤身は高たんぱく、低脂肪、低カロリーのヘルシーな食材です。また、まぐろに含まれる鉄分やビタミンB12は、貧血の予防、解消に役立ちますので、ダイエット中の方にお勧めの食材です。

    主材料:まぐろ(刺身用)