レシピの検索結果 5558件

  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • みょうがとオクラと豚肉の甘酢炒め

    • 20分以下
    • 216Kcal

    みょうがに含まれるα-ピネンには、血流を促す作用があり、発汗、呼吸、血液の循環、消化機能の促進などが期待でき、体全体の代謝を上げてくれます。これに豚肉を組み合わせることで、体を作る材料となるタンパク質と、特にエネルギー代謝に役立つビタミンB1が豊富に摂取でき、スタミナのある体づくりに有効な献立です。食欲が減退しやすい夏の食事として、甘酢を加えて食べやすく、オクラに整腸作用があることから消化もよくお勧めの組み合わせです。

    主材料:豚肉(こま切れ) みょうが オクラ

  • みょうがとなすのもみ漬け

    • かんたん
    • 10分以下
    • 16Kcal

    みょうがに含まれる精油成分α-ピネンの、発汗、利尿作用の促進効果により、体にこもった余分な熱を排出することができます。更になすを組み合わせることで、なすに豊富なカリウムが、より体の熱を発散してくれます。冷やし過ぎは気になりますが、みょうがには血流を良くする効果もあり、反対に体を適度に温めることもできます。余分な熱を排出しながら冷え過ぎを緩和できる、夏バテ対策には最適な組み合わせです。利尿作用が強いことから、むくみ改善、デトックス効果も期待できます。

    主材料:なす みょうが 青じそ

  • 夏越ご飯

    • 30分以下
    • 737Kcal

    心身の穢れや厄災を祓い清める6月30日の儀式「夏後の祓(なつごのはらえ)」に提供される夏越ごはんは、厄災を祓い清める茅の輪(ちのわ)くぐりの茅の輪に見立て、赤や緑の旬菜で作られた丸いかき揚げを雑穀ご飯にのせた料理です。関西では氷の節句に由来する水無月という和菓子が提供されていますが、関東では近年夏越ごはんが普及推進されています。栄養価的にも、青じそや雑穀の豊富なミネラル、ビタミンを含んでおり、しっかりエネルギーを取りながら代謝も効率よく行われ、疲労回復につながります。スタミナをつけて夏を乗り越えるのにおすすめのレシピです。

    主材料:玉ねぎ かぼちゃ にんじん 青じそ 干しえび 雑穀ご飯 大根(おろし)

  • 青じそシャーベット

    • かんたん
    • 60分超過
    • 99Kcal
    • 塩分控えめ

    青じその高い抗酸化作用や、豊富なビタミン、ミネラルをとれ、体の酸化をお肌だけでなく身体の中から予防、回復できるレシピです。レモンに豊富なビタミンCも相乗してお肌の他、夏の日差しや気候からくるストレスを改善してくれます。ただ、ソラレンという紫外線を吸収しやすくし、色素沈着を起こしやすくなる成分も含まれるので、これからたっぷり紫外線に当たる午前中より、夕方のおやつや夕食後などにおすすめです。

    主材料:青じそ 白ワイン グラニュー糖 レモン汁

  • しそみそきゅうり

    • かんたん
    • 10分以下
    • 47Kcal
    • 塩分控えめ

    きゅうりに豊富なカリウムには高い利尿作用があり、体の中心の熱を発散させ、身体を中からクールダウンさせるのに役立ちます。夏バテにとても効果的ですが、体の冷やしすぎも禁物。青じその抗酸化作用や食欲増進効果、豊富なミネラルとビタミン類を一緒にとることで、栄養バランスを整え、疲労回復に役立ちます。また、にんにくのスタミナ効果もあり、より効果的な夏バテ解消につながります。

    主材料:青じそ しょうが 削り節 みそ きゅうり

  • 梅しそ鶏天

    • 60分以下
    • 388Kcal

    梅に含まれるクエン酸は筋肉にたまった疲労物質である乳酸をエネルギーに変えるのに役立ちます。また、鶏むね肉に豊富なアミノ酸の一種イミダペプチドは、疲労の原因となる活性酸素を抑えて細胞へのダメージを防ぎ、疲労回復を促すのに働きます。さらに青じそを加えることで、食欲を増進させて胃の調子を整えると同時に、豊富なビタミン・ミネラルも相乗してより効果的に疲労回復につながります。活動的な方におすすめの体力強化に役立つレシピです。

    主材料:鶏むね肉 青じそ 梅肉

  • セロリとアーモンドのポテトサラダ

    • 10分以下
    • 165Kcal
    • 塩分控えめ

    セロリやじゃがいもの皮に特に多く含まれているカリウムは、体内の余分な塩分を排出して正常化する作用を持ち、むくみの解消や、二日酔いなどの軽い脱水作用で体内の電解質のバランスが崩れた時の補給になり、これによって引き起こされる頭痛解消にもつながります。また、セロリには独特の香り成分アピインに鎮静作用があり、頭痛解消に効果的と言われています。そこへ、アーモンドを組み合わせることで、豊富なマグネシウムが血管の緊張をやわらげるのに役立つので、頭痛の軽減におすすめの組み合わせ料理です。

    主材料:セロリ じゃがいも アーモンド ベーコン

  • セロリとじゃこのごま酢和え

    • かんたん
    • 20分以下
    • 71Kcal

    セロリの香り成分の代表格アピインには鎮痛作用があり、頭痛の緩和に働きます。ごまには、ビタミンEが豊富に含まれており、血流をよくし、エストロゲンのバランスも整えてくれるので、生理中に起こる片頭痛を防ぐのに役立ちます。また、頭痛の予防に効果的なマグネシウムも含まれ、高血圧緩和も促します。更にリラックス効果のあるカルシウムが多いじゃこを組み合わせて、頭痛全般に効果が期待できる料理です

    主材料:セロリ(茎) ちりめんじゃこ すりごま(白)

  • 炒めセロリのオレンジヨーグルトソース

    • 10分以下
    • 43Kcal
    • 塩分控えめ

    血圧が高い方や、肩こりがひどい方など、ガンガンするような頭痛の原因は、カルシウム不足である可能性が大きいです。血管を収縮する時に働くカルシウムが不足すると、脳からの指令で、骨に蓄えられたカルシウムを放出してでも、血液中のカルシウム濃度を一定に保とうとします。骨から放出されたカルシウムは、通常より細胞内に入り込みやすく、血管の細胞を過剰に収縮させて、精神的な緊張や、疲れた時に頭痛や肩こりを引き起こします。また、血圧も上昇させてしまいます。普段からカルシウムを摂取することで頭痛予防になり、セロリの香り成分アピインの鎮痛作用で頭痛を和らげてくれます。

    主材料:セロリ ネーブル プレーンヨーグルト

  • セロリといかのほうれん草炒め

    • 10分以下
    • 105Kcal

    セロリの独特の香り成分アピインには鎮痛作用があり、頭痛を和らげる効果が期待されています。ほうれん草を加えることで、豊富なマグネシウムが脳血管の緊張を緩和し、血圧を下げ、脳や神経の興奮を鎮めてさらに頭痛を緩和してくれます。ビタミン、ミネラルが豊富なほうれん草を組み合わせることで栄養バランスも整い、身体全体の調子も整えることができ、頭痛の予防にもなります。

    主材料:セロリ いか ほうれん草