レシピの検索結果 836件

検索条件

  • おつまみ(お酒)
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 豆苗と牛赤身肉のまぜそば

    • 30分以下
    • 424Kcal

    豆苗には造血ビタミンと言われる、妊娠に欠かせない葉酸が豊富です。さらに妊活に必須な良質なたんぱく質に加え、不足しがちな鉄や亜鉛もたっぷり含まれている牛赤身肉を組み合わせることで、健康な妊娠と胎児の成長を促してくれます。栄養をしっかり取りながら、身体に負担がかからないよう、赤身で調味料や油を控えているのでがっつり食べたい方にもおすすめです。

    主材料:中華めん 豆苗 牛もも肉(赤身・スライス)

  • 豆苗とさんまのぽん酢和え

    • かんたん
    • 20分以下
    • 83Kcal
    • 塩分控えめ

    豆苗に豊富な葉酸は妊活中の男女ともにおすすめの栄養素。さんまに豊富なDHA+EPAは特に男性に効果的と言われています。旬を迎えるさんまは脂がのり、美味しいだけでなく栄養効能も素晴らしいのでぜひ取り入れたい組み合わせです。お弁当の1品にもおすすめです。

    主材料:豆苗 さんま ぽん酢しょうゆ

  • 豆苗と納豆の麻婆豆腐

    • 20分以下
    • 273Kcal

    妊娠中の母体の健康を保ち、胎児の成長を健全に促し、母乳を良質に整える効果のある葉酸が豊富なレシピです。更に豆苗、豆腐、納豆に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをして体調を整えてくれます。妊活中、妊娠中、授乳中の女性だけでなく、育児中の男性にも葉酸の効果は期待されているので、ぜひ取り入れてみて下さい。

    主材料:絹ごし豆腐 豆苗 納豆(たれ付き) キムチ

  • 豆苗とほうれん草ののりナムル

    • かんたん
    • 10分以下
    • 26Kcal
    • 塩分控えめ

    造血のビタミンとも言われる葉酸が豊富な豆苗に加え、更に含有量の豊富なほうれん草を組み合わせることで、妊活中の男女、妊娠・授乳中の方のよりよい身体づくりや、子どもの順調な発育に、葉酸の効果が期待できます。さらに、妊娠中に不足しやすい鉄分も補え、貧血を防ぎ、疲労回復や心の状態の安定にもつながります。

    主材料:豆苗 ほうれん草 韓国のり

  • とうもろこしとえびのしょうが炒め

    • 20分以下
    • 381Kcal

    とうもろこしに豊富なビタミンB群とアスパラギン酸がエネルギーを生産し、疲労回復に役立ちます。タウリンが豊富なえびと、体を温め血流を改善するしょうがを組み合わせることで、より効果的です。

    主材料:とうもろこし えび 小松菜 しょうが

  • とうもろこしの豆腐揚げ

    • 20分以下
    • 279Kcal
    • 塩分控えめ

    とうもろこしに含まれるビタミンB群とアスパラギン酸が糖分を効率よく代謝し、エネルギーを作ってくれるので、疲れやすい方にぜひ食べてほしい食材です。豆腐を組み合わせることで良質なたんぱく質を補充し、細胞の代謝をスムーズに導きます。大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをするので、冷房などの温度変化でストレスを受けた体を調整してくれます。

    主材料:木綿豆腐 とうもろこし 片栗粉

  • チーズとアーモンドの焼きとうもろこし

    • かんたん
    • 10分以下
    • 591Kcal
    • 塩分控えめ

    とうもろこしに豊富なビタミンB群とアスパラギン酸がエネルギーを生産するので、スタミナ作りや疲労回復に効果的。更にアーモンドに豊富なビタミンEとレモンのクエン酸が相乗してより疲労回復効果が高まる組み合わせです。チーズのたんぱく質も補給できるので、活動的な方の疲れにくい体づくりにおすすめです。

    主材料:とうもろこし マヨネーズ

  • みょうがと鶏肉のうま煮

    • かんたん
    • 30分以下
    • 359Kcal

    みょうがに含まれるα-ピネンには、血流を促す作用があり、発汗、呼吸、血液の循環、消化機能の促進などが期待でき、体全体の代謝を上げてくれます。これに鶏肉を組み合わせることで、体を作る材料となるたんぱく質と、活性酸素を除去する効果が高いイミダゾールジペプチドを摂取でき、体内の酸化、老化を防ぎ、疲労回復に効果的です。また、酢を加えた煮物で食べやすいだけでなく、酢に含まれるクエン酸が相乗してより疲労回復に高い効果が期待できる組み合わせです。

    主材料:鶏もも肉 みょうが

  • みょうがとオクラと豚肉の甘酢炒め

    • 20分以下
    • 216Kcal

    みょうがに含まれるα-ピネンには、血流を促す作用があり、発汗、呼吸、血液の循環、消化機能の促進などが期待でき、体全体の代謝を上げてくれます。これに豚肉を組み合わせることで、体を作る材料となるタンパク質と、特にエネルギー代謝に役立つビタミンB1が豊富に摂取でき、スタミナのある体づくりに有効な献立です。食欲が減退しやすい夏の食事として、甘酢を加えて食べやすく、オクラに整腸作用があることから消化もよくお勧めの組み合わせです。

    主材料:豚肉(こま切れ) みょうが オクラ

  • みょうがとなすのもみ漬け

    • かんたん
    • 10分以下
    • 16Kcal

    みょうがに含まれる精油成分α-ピネンの、発汗、利尿作用の促進効果により、体にこもった余分な熱を排出することができます。更になすを組み合わせることで、なすに豊富なカリウムが、より体の熱を発散してくれます。冷やし過ぎは気になりますが、みょうがには血流を良くする効果もあり、反対に体を適度に温めることもできます。余分な熱を排出しながら冷え過ぎを緩和できる、夏バテ対策には最適な組み合わせです。利尿作用が強いことから、むくみ改善、デトックス効果も期待できます。

    主材料:なす みょうが 青じそ