レシピの検索結果 836件

検索条件

  • おつまみ(お酒)
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • きゅうりとたこの長いも梅肉和え

    • かんたん
    • 10分以下
    • 51Kcal

    きゅうりに含まれるカリウムには利尿作用があり、むくみや夏バテの改善、身体の滞った熱を排出してくれます。また、たこのタウリン、長いもに含まれる消化促進酵素、梅のクエン酸が疲労回復に役立つので、疲れがたまりがちで、身体のほてりが取れない方に最適です。

    主材料:きゅうり たこ(ゆで) 長いも 梅肉

  • ピーマンとアンチョビのガーリック炒め

    • かんたん
    • 20分以下
    • 75Kcal
    • 塩分控えめ

    ピーマンには、抗酸化作用が高いビタミンCに加えて、肌や粘膜を正常に保つβカロテンも豊富に含まれており、肌の老化を防ぎ、代謝を促進するのに役立ちます。血流を改善する魚の脂と、にんにくの新陳代謝改善効果をプラスすることで、より肌の代謝促進・若返り効果が期待できるレシピです。

    主材料:ピーマン アンチョビ(フィレ) にんにく

  • ピーマンのごま酢和え

    • かんたん
    • 10分以下
    • 79Kcal
    • 塩分控えめ

    ピーマンに豊富なビタミンCは、強い抗酸化作用でお肌の老化予防に役立ちます。抗酸化作用の高いセサミンを含む胡麻を合わせることで、効果も上がります。また、セサミンは女性ホルモンエストロゲンの様な作用を重ね持つことから角質層の水分保持に関わるセラミドの増加、コラーゲンの生成促進作用があると言われており、うるおい肌に導きます。

    主材料:ピーマン 干しえび 酢 ごま油

  • ピーマンとちくわのピリ辛炒め

    • かんたん
    • 10分以下
    • 69Kcal

    ピーマンに特に多いビタミンCが活性酸素を除去して肌の酸化を防ぎ、ビタミンAが肌の再生を促し正常に保ちます。お肌のもとになるタンパク質を合わせることで、効率よくターンオーバーを促し美肌へ導く組み合わせになります。ビタミンCは紫外線予防効果も強いので美肌におすすめのレシピです。

    主材料:ピーマン ちくわ

  • ピーマンとなすの炒め煮

    • かんたん
    • 10分以下
    • 51Kcal
    • 塩分控えめ

    ピーマンに特に多いビタミンCは抗酸化作用が強い為、お肌の老化予防におすすめです。紫外線予防の効果も高く、メラニンの沈着を防ぎ、シミそばかすの予防にも役立ちます。なすのポリフェノールも抗酸化作用が強いことから相乗効果が期待できる組み合わせです。ポリフェノールはなすの皮に多く含まれているので、皮をむかずに調理してください。

    主材料:ピーマン なす しょうが

  • いわしと玉ねぎのトマト煮

    • 60分以下
    • 198Kcal

    玉ねぎの血液サラサラ効果で血流改善、代謝が良くなり、いわしに含まれるEPAが更に血液をサラサラにしてくれるので、より効果的になります。トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用が高い為、体の酸化を防いでくれるだけでなく、メラニン生成を促す活性酸素を抑制し、チロシナーゼの働きを抑えます。その結果、美肌や美白にもつながり、血流改善と組み合わせることでより効果的になります。

    主材料:玉ねぎ いわし カットトマト(缶詰)

  • あじ刺しと玉ねぎの甘酢しょうが和え

    • 10分以下
    • 61Kcal
    • 塩分控えめ

    玉ねぎの血液サラサラ効果で血流改善、代謝をよくすることで、疲労回復にもつながります。また、あじに含まれるEPAが更に血液をサラサラにしてくれるので、より効果的な組み合わせです。酢の効果で疲労回復が促され、冷たい料理ですが、しょうがが体を温めてくれるので、冷え性の方にも向いており、一日の疲れを取り除く夕食にお勧めです。

    主材料:あじ(刺身用) 玉ねぎ 生わかめ しょうがの甘酢漬け

  • さばと玉ねぎの甘酢炒め

    • 20分以下
    • 646Kcal

    玉ねぎの血液サラサラ効果に加えて、さばの血合いの部分に多く含まれる不飽和脂肪酸のEPAには血を固まりにくくして血管を丈夫にし、血栓ができるのを防ぐ働きがあるため、動脈硬化や心臓病など生活習慣病の予防に効果が期待できます。また、DHAも含んでおり、脳の働きを活発にして記憶力や集中力を高める働きがあるので、お昼に食べると午後からの効率アップにつながりお勧めです。

    主材料:さば 玉ねぎ にんじん ピーマン

  • 玉ねぎと納豆の梅しそ焼き

    • 10分以下
    • 141Kcal
    • 塩分控えめ

    玉ねぎに含まれる硫化アリルには、血液中の余分な糖や脂質を減らす働きの他、ビタミンB1の吸収を促すので、納豆と一緒に取ればビタミンB1による、疲労回復や不眠改善などの効果アップにもつながります。また、納豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをすることから、更年期障害や骨粗しょう症の予防に効果が期待できます。

    主材料:玉ねぎ 納豆 青じそ

  • 高野豆腐と青じその豚肉巻き

    • 30分以下
    • 133Kcal

    高野豆腐には、脂質の代謝を促進する大豆サポニンの他、老化を予防するビタミンE、骨粗しょう症の予防につながるイソフラボン、カルシウム、鉄、食物繊維も豊富です。また豚肉の豊富なビタミンB1が糖質の代謝を促進し、新陳代謝を活発にするのに役立ちます。

    主材料:高野豆腐 豚肉(薄切り) 青じそ