冷え性にレシピ 418件

検索条件

  • 冷え性に
冷え性に
冷たい食品や料理は冷え性の原因となります。体を温める食品や血行を促進する食品を積極的に取り入れましょう。また、自覚症状のない隠れ貧血も冷え性の原因となるので、鉄分の多い食品も摂るようにしましょう。バランスの良い食事を摂ることが基本です。三大栄養素の糖質、脂質、たんぱく質、血液循環を促すビタミンEも欠かせません。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • チーズとアーモンドの焼きとうもろこし

    • かんたん
    • 10分以下
    • 591Kcal
    • 塩分控えめ

    とうもろこしに豊富なビタミンB群とアスパラギン酸がエネルギーを生産するので、スタミナ作りや疲労回復に効果的。更にアーモンドに豊富なビタミンEとレモンのクエン酸が相乗してより疲労回復効果が高まる組み合わせです。チーズのたんぱく質も補給できるので、活動的な方の疲れにくい体づくりにおすすめです。

    主材料:とうもろこし マヨネーズ

  • エリンギとかぶとほうれん草のクリーム煮

    • 30分以下
    • 280Kcal

    整腸作用の強い不溶性食物繊維の多いエリンギ、乳酸菌を含む白みそ、腸内細菌のエサになるオリゴ糖が豊富な豆乳を合わせて摂ることで、腸内の老廃物を体外に排出するデトックス効果が期待でき、善玉菌とそのエサの摂取が賄えます。更にかぶとほうれん草に豊富なビタミン類を相乗させることで、腸内環境の改善につながります。

    主材料:エリンギ かぶ ほうれん草 白みそ 調整豆乳

  • まいたけといわし缶のトマト煮

    • かんたん
    • 10分以下
    • 235Kcal

    中性脂肪が多く血液ドロドロに偏ると、全身に栄養が供給しにくく、血管にも負担がかかってきます。抗酸化作用の高いトマトや、DHA、EPAが豊富ないわしを組み合わせることで血液サラサラ効果が期待でき、まいたけの効能、免疫力改善効果をより効率よく手に入れ、風邪・インフルエンザ予防に役立てましょう。

    主材料:まいたけ いわし味付け(缶詰) トマトケチャップ

  • いわしと玉ねぎのトマト煮

    • 60分以下
    • 198Kcal

    玉ねぎの血液サラサラ効果で血流改善、代謝が良くなり、いわしに含まれるEPAが更に血液をサラサラにしてくれるので、より効果的になります。トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用が高い為、体の酸化を防いでくれるだけでなく、メラニン生成を促す活性酸素を抑制し、チロシナーゼの働きを抑えます。その結果、美肌や美白にもつながり、血流改善と組み合わせることでより効果的になります。

    主材料:玉ねぎ いわし カットトマト(缶詰)

  • さばと玉ねぎの甘酢炒め

    • 20分以下
    • 646Kcal

    玉ねぎの血液サラサラ効果に加えて、さばの血合いの部分に多く含まれる不飽和脂肪酸のEPAには血を固まりにくくして血管を丈夫にし、血栓ができるのを防ぐ働きがあるため、動脈硬化や心臓病など生活習慣病の予防に効果が期待できます。また、DHAも含んでおり、脳の働きを活発にして記憶力や集中力を高める働きがあるので、お昼に食べると午後からの効率アップにつながりお勧めです。

    主材料:さば 玉ねぎ にんじん ピーマン

  • ぶりと豆腐のみぞれ鍋

    • 20分以下
    • 581Kcal

    寒気がして風邪の予兆が見られたら、温かいものを食べて暖かくしてゆっくり過ごすのが一番。タンパク質が豊富で消化の良い豆腐と、ぶりに豊富なDHA、EPA、更に消化を助ける大根を組み合わせた、体が温まるしょうが入りの鍋で、風邪を吹き飛ばしましょう。

    主材料:ぶり 焼き豆腐 大根(おろし)

  • 夏野菜のキーマカレー添え

    • かんたん
    • 20分以下
    • 301Kcal

    むくみで体の水分が滞っていると代謝不足で疲労物質も貯まりやすく、疲れが取れにくくなってしまいます。なすの利尿効果でまずむくみを改善し、にんにくのアリシンや、スパイス、しょうがなどの代謝を良くして身体を温める効果により疲れにくい身体つくりをしましょう。豚肉のたんぱく質、夏野菜のビタミン類も摂取でき、スタミナ作りに最適です。

    主材料:なす かぼちゃ ミニトマト ピーマン オクラ 豚ひき肉 カレー粉

  • タイ風焼きなすサラダ

    • 20分以下
    • 223Kcal

    なすに含まれるカリウムが利尿作用を促し、むくみが取れ、リンパ液の代謝を促します。一緒にパプリカ、レモン、アーモンドを取ることで、美容のビタミンとも言われる、ビタミンACEをバランスよく摂取できます。同時に牛肉からたんぱく質とコラーゲンを補充することで、美肌への相乗効果を体全体にいきわたらせることが出来ます。更に玉ねぎの血液サラサラ作用も加わり効果的です。

    主材料:なす 牛ひき肉

  • アボカドとツナのめんつゆパスタ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 473Kcal

    アボカドは、脂質の代謝を促すビタミンB2が豊富に含まれています。またリノール酸やオレイン酸といった不飽和脂肪酸が豊富に含まれ悪玉コレステロール値を下げてくれる効果があるため、血液をサラサラにする効果が期待できます。

    主材料:アボカド ツナ(缶詰・ライトタイプ) スパゲッティ

  • かつおとアスパラのしょうがマヨ炒め

    • 20分以下
    • 252Kcal

    アスパラギン酸の疲労回復・ストレス改善効果に加えて、しょうがで体を温めることで代謝アップにつながります。さらに魚の油に含まれるDHA、EPAが血液をサラサラに促し、より効果的になります。冷え性の方や、普段の食事が肉類に偏りがちな方の疲労回復、ストレス改善におすすめです。

    主材料:グリーンアスパラガス かつおのたたき マヨネーズ