レシピの検索結果 3832件

検索条件

  • 効果・効能
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • なめろう(あじのたたき)

    • 30分以下
    • 89Kcal

    青じそはβ-カロテンを多く含み、免疫力を高めるのに役立つとされています。代謝にかかわるビタミンB群を多く含み、疲労回復に働く味と一緒にとることで、病気に負けない身体づくりに役立ちます。

    主材料:あじ

  • かつお飯

    • 60分超過
    • 429Kcal

    かつおは主成分のたんぱく質をはじめ、ビタミンA、B1、B2、B12、鉄分など様々な栄養を含む栄養価の高い魚です。ビタミンB1は糖質の代謝を促す働きがあるので、糖質が主成分のご飯と相性の良い組み合わせです。

    主材料:かつお 米

  • ほうとう

    • 60分超過
    • 483Kcal

    具だくさんのほうとうは野菜がたっぷりとれるメニューなので、外食が多く野菜が不足しやすい方にお勧めです。野菜が不足するとビタミンやミネラルが不足し、代謝がうまくいかず疲労の原因になることもありますので気をつけましょう。

    主材料:中力粉 みそ 里いも

  • のっぺ汁

    • 60分以下
    • 134Kcal

    ごぼうやたけのこ、こんにゃくなど食物繊維の多い食材がたっぷり入った一品です。食物繊維は腸で余分なコレステロールを絡め取って、体外に排出する働きがあるとされています。コレステロールが気になる方はしっかりとりたい栄養素です。

    主材料:干し貝柱 里いも こんにゃく

  • みそ煮込みうどん

    • 30分以下
    • 473Kcal

    身体がポカポカと温まるみそ煮込みうどんは、寒い季節にぴったりのメニューです。みそは大豆を発酵させることにより、栄養分が吸収されやすくなっています。イソフラボンやサポニンなど健康に役立つ栄養素が豊富です。

    主材料:うどん(あれば煮込み用の太いもの) 赤みそ 鶏もも肉

  • いかなごの釘煮

    • 60分超過
    • 232Kcal

    骨ごと食べられるいかなごは、カルシウムの補給に適した魚です。カルシウムの腸内での吸収や骨への吸着を促すビタミンDも多く含まれているので、骨粗しょう症が気になる方、ストレスでイライラしやすい方にお勧めです。また鉄分も多いため、貧血気味の方にもお勧めです。大豆製品やひじきなどの非ヘム鉄を多く含む食材とブロッコリーや小松菜などのビタミンCを含む食材を一緒に摂取すると、鉄分の吸収がよくなり貧血の予防になります。

    主材料:いかなご

  • さばの船場汁

    • 60分超過
    • 241Kcal

    船場汁は、魚の身を食べた後の骨や頭を無駄なく利用した大阪の郷土食です。さばはDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸を多く含んでおり、アンチエイジングや生活習慣病予防に役立つので、積極的にとりましょう。

    主材料:さば(頭と中骨) 大根

  • かきの土手鍋

    • 60分超過
    • 230Kcal

    かきは「海のミルク」と言われるほど、栄養を豊富に含んでいる食材です。中でも鉄分やビタミンB12は造血作用に役立つので、貧血気味の方にお勧めのメニューです。

    主材料:かき 白菜 焼き豆腐 白みそ

  • 鉄砲漬け

    • 60分超過
    • 18Kcal

    うりはカリウムが多く含まれている野菜です。暑い季節は汗と一緒にナトリウムやカリウムが排出されてしまいます。汗をかいた時は水分だけでなくミネラルも一緒に補給するように心がけましょう。

    主材料:うり(しろうり、縞うり) なす にんじん みそ 酒かす

  • だご汁

    • 60分超過
    • 178Kcal

    様々な野菜がたっぷり入った具だくさんのみそ汁です。外食が多く野菜が不足しやすい方にお勧めの一品です。野菜にはビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。毎日しっかりとるようにしましょう。

    主材料:小麦粉(地粉) 里いも 大根