疲労にレシピ 581件

検索条件

  • 副菜
  • 疲労に
疲労に
エネルギーのもととなる糖質と糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を多く含む食品を摂ることが疲労回復に役立ちます。野菜や果物、調味料などの食品は、ビタミンB1の吸収を促進したり、疲労回復に役立つ成分を含んでいる事が多いので、偏らない食事をすることが大切です。酸味のきいた料理も効果的です。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • みょうがと鶏肉のうま煮

    • かんたん
    • 30分以下
    • 359Kcal

    みょうがに含まれるα-ピネンには、血流を促す作用があり、発汗、呼吸、血液の循環、消化機能の促進などが期待でき、体全体の代謝を上げてくれます。これに鶏肉を組み合わせることで、体を作る材料となるたんぱく質と、活性酸素を除去する効果が高いイミダゾールジペプチドを摂取でき、体内の酸化、老化を防ぎ、疲労回復に効果的です。また、酢を加えた煮物で食べやすいだけでなく、酢に含まれるクエン酸が相乗してより疲労回復に高い効果が期待できる組み合わせです。

    主材料:鶏もも肉 みょうが

  • 蒸しかぶらのなめこそぼろあんかけ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 216Kcal

    なめこに豊富な食物繊維βグルカンは、胃や腸で水分を吸収して大きく膨らみ、便通を促進して腸本来の栄養を吸収する作用の改善に役立ちます。豊富なコンドロイチンは肌の保湿に効果的。かぶに豊富な抗酸化作用の高いビタミンCが肌の老化を防ぎ、相乗して美肌に導きます。また、かぶには消化酵素のアミラーゼが多く、消化を促して弱った胃腸を助けてくれるので、胃腸の弱い方にも効率よく栄養を摂取できる組み合わせです。

    主材料:かぶ 合いびき肉 なめこ

  • なすとほうれん草の甘酢なめこ煮

    • かんたん
    • 10分以下
    • 156Kcal

    なすの皮に含まれる色素成分ナスニンは、抗酸化作用が強く、しみ・そばかす、しわなど肌の老化にも効果的。また、ほうれん草の鉄分が貧血を防ぎ、ビタミンEには血管の酸化を防ぐ働きがあります。さらに、なめこに含まれるぬめりの主成分コンドロイチンは肌の乾燥を防ぐのに働きます。血行や肌の血色がよくなる美肌効果の高い組み合わせです。

    主材料:なめこ なす ほうれん草

  • エリンギ納豆

    • かんたん
    • 10分以下
    • 124Kcal
    • 塩分控えめ

    ナットウキナーゼの血液サラサラ効果、イソフラボンの更年期症状の緩和など、納豆には様々な効能があります。腸の中の善玉菌を増やし整腸を促す効果も大きく、エリンギと組み合わせることで、食物繊維が便秘を予防・改善し、より効果的に腸を整えることが出来ます。美腸を目指す方におすすめの簡単1品です。

    主材料:納豆 エリンギ 長ねぎ 大根(おろし)

  • エリンギとかぶとほうれん草のクリーム煮

    • 30分以下
    • 280Kcal

    整腸作用の強い不溶性食物繊維の多いエリンギ、乳酸菌を含む白みそ、腸内細菌のエサになるオリゴ糖が豊富な豆乳を合わせて摂ることで、腸内の老廃物を体外に排出するデトックス効果が期待でき、善玉菌とそのエサの摂取が賄えます。更にかぶとほうれん草に豊富なビタミン類を相乗させることで、腸内環境の改善につながります。

    主材料:エリンギ かぶ ほうれん草 白みそ 調整豆乳

  • まいたけといわし缶のトマト煮

    • かんたん
    • 10分以下
    • 235Kcal

    中性脂肪が多く血液ドロドロに偏ると、全身に栄養が供給しにくく、血管にも負担がかかってきます。抗酸化作用の高いトマトや、DHA、EPAが豊富ないわしを組み合わせることで血液サラサラ効果が期待でき、まいたけの効能、免疫力改善効果をより効率よく手に入れ、風邪・インフルエンザ予防に役立てましょう。

    主材料:まいたけ いわし味付け(缶詰) トマトケチャップ

  • しめじとレタスの卵炒め

    • かんたん
    • 10分以下
    • 127Kcal

    夜遅い時間の食事には、カロリーが低く、糖質・脂質が控えめで、たんぱく質が多く、更に消化の良いものが適しています。消化の良い、良質なたんぱく質が豊富な卵に、低カロリーなしめじとレタスを組み合わせるこで、遅い食事でも快眠効果が得られます。しめじには、ビタミンDが豊富に含まれており、カルシウムの吸収を促してストレスを和らげてくれます。レタスの苦み成分の一種「ラクチュコピクリン」には鎮静作用があり、より良い睡眠を求める方には最適な組み合わせです。

    主材料:しめじ レタス 卵

  • きゅうりと甘酢しょうがの冷めん風冷奴

    • かんたん
    • 10分以下
    • 353Kcal

    きゅうりの、身体の余分な熱を排出する効果に加えて、しょうがをたっぷり入れることで、身体の芯は温め、冷え過ぎを防止します。きゅうりのβ-カロテン、ビタミンCと豆腐のたんぱく質が相乗し、うるおいのある肌を保持することもでき、夏場の女性におすすめの献立です。

    主材料:絹ごし豆腐 きゅうり しょうがの甘酢漬け 青じそ 温泉卵

  • 高野豆腐と青じその豚肉巻き

    • 30分以下
    • 133Kcal

    高野豆腐には、脂質の代謝を促進する大豆サポニンの他、老化を予防するビタミンE、骨粗しょう症の予防につながるイソフラボン、カルシウム、鉄、食物繊維も豊富です。また豚肉の豊富なビタミンB1が糖質の代謝を促進し、新陳代謝を活発にするのに役立ちます。

    主材料:高野豆腐 豚肉(薄切り) 青じそ

  • 鶏レバーと新じゃがのあっさり煮物

    • 60分超過
    • 287Kcal

    レバーに含まれるたんぱく質と鉄、じゃがいものビタミンCが相互に働き、効率よいコラーゲン生成につながります。また、鉄は、皮膚・粘膜の合成に欠かせない栄養素であり、美肌の天敵であるシミやニキビを攻略して、ハリをもたらしてくれます。ビタミンCの美肌効果もプラスされ、美白はもちろん、美容全般に最適なお料理です。

    主材料:新じゃがいも 鶏レバー 糸こんにゃく

カテゴリでさらに絞り込む

詳細な条件で探す