レシピの検索結果 2181件

検索条件

  • 副菜
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • トマトとチンゲン菜のスープ

    • 10分以下
    • 110Kcal

    トマトに含まれている抗酸化成分リコピンは同じ赤い色素であるβ-カロテンの2倍以上とも言われています。加熱調理することによって吸収率が高くなりますので、スープやシチューがおすすめです。

    主材料:トマト チンゲン菜

  • トマトサラダ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 140Kcal
    • 塩分控えめ

    トマトの赤い色素で、強い抗酸化作用のあるリコピンはその多くが皮に含まれています。美容にも健康にも効果を発揮するリコピンを無駄なくとるためにも、皮はむかずに丸ごといただきましょう。

    主材料:トマト 小玉ねぎ(ペコロス) サニーレタス

  • ローストビーフのサラダ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 291Kcal

    肉料理に野菜を合わせるとメインの料理を引き立てておいしく見せるほかに、肉には含まれていないビタミンCなどのビタミンやカリウムなどのミネラル、食物繊維が加わり、栄養バランスの良い一品になります。

    主材料:ローストビーフ(市販) チコリー

  • 明太子もち

    • かんたん
    • 10分以下
    • 145Kcal

    明太子のピリッとした辛みがお酒のあてにも良い一品です。明太子には代謝にかかわるビタミンB1、B2、抗酸化作用を持つビタミンEなどが多く含まれるほか、代謝を高めるとされるカプサイシンも含まれています。

    主材料:角もち 辛子明太子

  • ツナのカクテル

    • 10分以下
    • 159Kcal
    • 塩分控えめ

    まぐろの赤身は高たんぱく、低脂肪、低カロリーのヘルシーな食材です。また、まぐろに含まれる鉄分やビタミンB12は、貧血の予防、解消に役立ちますので、ダイエット中の方にお勧めの食材です。

    主材料:まぐろ(刺身用)

  • セロリと黄にらの甘酢漬け

    • 10分以下
    • 164Kcal

    セロリも黄にらも約90%を水分が占めている低カロリーのヘルシーな食材です。どちらもカリウムを多く含んでいますのでナトリウムの排出に働きます。濃い味付けが好きな方、外食が多い方にはおすすめの食材です。

    主材料:セロリ(細い部分) にら(黄)

  • ピザトースト

    • かんたん
    • 10分以下
    • 401Kcal

    具材を載せて焼くだけの手軽なピザトーストは、朝食やおやつにもぴったりです。シンプルな食パンはどんな具材とも合いますので、いろいろな具材をのせるて栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

    主材料:食パン(6枚切り) ピザ用ソース ピザ用チーズ

  • チーズと卵のスープ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 87Kcal

    パルメザンチーズはカルシウムを多く含んでいます。カルシウムは骨を強くする働きがあるだけでなく、イライラした気持ちを鎮める働きもあるとされています。成長期の子どもだけでなく大人もしっかりとりたい栄養素です。

    主材料:卵 パルメザンチーズ

  • キャベツのホットサラダ

    • 10分以下
    • 121Kcal

    厚生労働省が推奨する、成人の野菜の1日の摂取量は350gです。生野菜でこれだけの量を1日で摂るのは難しいですので、煮る、炒めるなど加熱調理をしてかさを減らして食べるとよいでしょう。

    主材料:キャベツ

  • 卵焼き

    • 10分以下
    • 283Kcal

    朝食やお弁当の定番メニューといっても良い卵焼き。卵は必須アミノ酸をバランスよく含んでいる他、ビタミンAやEも含む優れた食材です。暑い時期にお弁当に入れるときは、だし汁を少なめにすると傷みにくくなります。

    主材料:

カテゴリでさらに絞り込む

詳細な条件で探す