疲労にレシピ 94件

検索条件

  • その他のご飯もの
  • 疲労に
疲労に
エネルギーのもととなる糖質と糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を多く含む食品を摂ることが疲労回復に役立ちます。野菜や果物、調味料などの食品は、ビタミンB1の吸収を促進したり、疲労回復に役立つ成分を含んでいる事が多いので、偏らない食事をすることが大切です。酸味のきいた料理も効果的です。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 半熟卵の肉巻きおにぎり

    • 30分以下
    • 488Kcal

    卵のアミノ酸バランスの良いたんぱく質と、豚肉に豊富に含まれるビタミンB1は、疲労回復に役立ちます。また梅干しに含まれるクエン酸と豚肉を一緒に食べると、ピルビン酸がクエン酸に変わり、より一層効果が期待できます。

    主材料:卵 豚肉(薄切り) ご飯

  • ビタミン野菜のチーズドライカレー

    • 30分以下
    • 705Kcal

    アスパラガスや赤パプリカなどの緑黄色野菜には、活性酸素の働きを抑える作用を持つビタミンが含まれています。またトマトのリコピンにも、強い抗酸化力があります。肉と野菜の栄養がたっぷりで、動脈硬化予防効果も期待できます。

    主材料:合いびき肉 トマト ご飯

  • バターナッツかぼちゃのキーマカレー

    • 60分以下
    • 613Kcal

    かぼちゃには、ビタミンA、C、Eが豊富に含まれています。ビタミンAは粘膜を丈夫にし、身体に抵抗力をつけてくれるので風邪をひきやすい季節にはしっかりとりたい栄養素です。カレー粉に含まれる香辛料には、新陳代謝を高める働きが期待できます。

    主材料:米 雑穀ミックス 豚ひき肉 バターナッツかぼちゃ トマト 玉ねぎ カレー粉

  • 和風オムライス

    • 30分以下
    • 843Kcal

    卵、鶏むね肉には良質のたんぱく質が豊富に含まれています。また、にんにくには免疫力を上げる効果があります。大根に含まれるジアスターゼという酵素は、消化吸収を促進し、活性酸素を抑制します。

    主材料:ご飯(温かいもの) 卵 大根

  • 鶏肉と根菜のカレーライス

    • 60分超過
    • 815Kcal

    鶏肉には消化吸収のよいたんぱく質、ビタミンB6が多く含まれているので、筋力を上げたい方には特にお勧めの食品です。根菜には食物繊維が豊富に含まれ、腸内環境を整えて、免疫力を上げる作用があります。

    主材料:米 鶏もも肉 里いも れんこん カレールウ

  • レモンとローズマリーのリゾット

    • 30分以下
    • 456Kcal

    レモン果汁は、クエン酸やビタミンCが豊富です。レモン果汁を温めることで、血行がよくなり、さらなる代謝アップ効果や冷え性の解消にも役立ちます。また、疲労回復にも効果があります。

    主材料:米 レモン汁 レモン皮(おろし) ローズマリー

  • ノンオイルオムライス

    • 20分以下
    • 473Kcal

    調理に油をいっさい使わずにカロリーをしっかりと抑えています。卵のたんぱく質は、人間の体内では作れない8種類の必須アミノ酸全てがバランスよく含まれ、ヘルシーな一品です。

    主材料:鶏むね肉(皮なし) ご飯(温かいもの) 卵

  • パエリア風ピラフ

    • 60分超過
    • 384Kcal

    魚介類や野菜などいろいろな具材をご飯と一緒に炊くパエリアは、栄養が豊富な完全バランス食です。また、サフランは、冷え性、生理不順、生理痛、更年期障害など女性特有の症状の緩和に役立つとされ、漢方にも用いられています。

    主材料:米 えび(有頭) 豚肩ロース肉 鶏もも肉

  • 明太スープご飯

    • かんたん
    • 20分以下
    • 639Kcal

    あわ、きび、ひえなどの雑穀は、たんぱく質が豊富です。また、微量成分のマグネシウム、亜鉛、鉄も含まれ、筋肉神経の働きを正常に保ち、貧血予防や味覚機能の低下予防に役立ちます。

    主材料:明太子 豆乳 雑穀(五穀)ご飯

  • 牛肉と煎茶の佃煮風混ぜご飯

    • 30分以下
    • 479Kcal

    煎茶の風味が牛肉の脂をさっぱりさせ、抗菌作用でくさみを消します。また、煎茶に含まれるカテキンは、食事とともに摂取すると脂肪の吸収を緩やかにします。

    主材料:茶葉(煎茶) 牛もも肉(切り落とし) ご飯(温かいもの)

カテゴリでさらに絞り込む

詳細な条件で探す