疲労にレシピ 64件

検索条件

  • パスタ
  • 疲労に
疲労に
エネルギーのもととなる糖質と糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を多く含む食品を摂ることが疲労回復に役立ちます。野菜や果物、調味料などの食品は、ビタミンB1の吸収を促進したり、疲労回復に役立つ成分を含んでいる事が多いので、偏らない食事をすることが大切です。酸味のきいた料理も効果的です。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • アボカドとツナのめんつゆパスタ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 473Kcal

    アボカドは、脂質の代謝を促すビタミンB2が豊富に含まれています。またリノール酸やオレイン酸といった不飽和脂肪酸が豊富に含まれ悪玉コレステロール値を下げてくれる効果があるため、血液をサラサラにする効果が期待できます。

    主材料:アボカド ツナ(缶詰・ライトタイプ) スパゲッティ

  • しらす干しと納豆の和風スパゲッティ

    • 20分以下
    • 594Kcal

    疲れ目にお勧めのパスタです。納豆には、視神経の働きを助けるビタミンB1が豊富。卵黄や青じそには、目の粘膜を強くしてくれるビタミンAが多く含まれています。

    主材料:スパゲッティ(1.5mm) 納豆 しらす干し

  • あさりと野菜の具だくさんトマトスープパスタ

    • 60分以下
    • 635Kcal

    あさりは鉄分やビタミンB群など、血行を助ける栄養素を多く含みます。またトマトに含まれる葉酸は、赤血球の形成に関わっているため、貧血予防にも役立ちます。特に女性にお勧めのレシピです。

    主材料:あさり(殻付き・砂抜き済み) 生たら トマト じゃがいも トマトジュース スパゲッティ(1.3~1.4mm)

  • グリンピースのクリームスパゲッティ

    • 30分以下
    • 899Kcal

    グリンピースには、脳を活性化させて集中力を高める働きのあるリジンというアミノ酸が豊富に含まれています。また、ビタミンCも含まれており、ストレスから身体を守ってくれます。

    主材料:スパゲッティ グリンピース 生クリーム

  • さば缶とれんこんのペンネアラビアータ

    • 30分以下
    • 454Kcal

    さばには、良質のたんぱく質とDHAやEPAといった血液をサラサラにし、生活習慣病を予防する効果を持った脂肪酸が多く含まれています。また、抗酸化作用の強いコエンザイムQ10を含んでいます。トマトには抗酸化作用の強いフィトケミカル「リコピン」が豊富に含まれています。

    主材料:ペンネ さば水煮(缶詰) カットトマト(缶詰)

  • 鶏肉と青じその冷製パスタ

    • 60分以下
    • 751Kcal

    鶏肉には消化吸収の良いたんぱく質、ビタミンB6が多く含まれていますので、筋力をアップしたい方には特におすすめの食品です。青じそには、ビタミンAが豊富に含まれています。また、強い抗菌・防腐作用を持っていますので、食中毒予防にも効果が期待できます。

    主材料:スパゲッティ(1.4mm) 青じそ

  • 豆乳とくみ上げ湯葉のパスタ

    • 20分以下
    • 565Kcal

    豆乳は人間が健康に生きていくうえで、必要不可欠な栄養素がバランスよく含まれています。大豆たんぱく質は、動物性たんぱく質と異なり、脂肪が身体に溜まりにくく、基礎代謝を高めるので、太りにくい体質へ変えるのに役立つと言われています。

    主材料:ほうれん草 豆乳 くみ上げ湯葉 リングイネ

  • 夏野菜のパスタパルミジャーノのガレット添え

    • 30分以下
    • 550Kcal

    ズッキーニは低カロリーですが、ビタミンやβ-カロテンが豊富です。β-カロテンは油と一緒に調理することで体内への吸収量が上がります。パプリカもβ-カロテンが豊富なので免疫力アップが期待できます。

    主材料:ベーコン(ブロック) ズッキーニ リングイネ 粉チーズ(パルミジャーノレッジャーノ)

  • スパゲッティミートソース

    • 30分以下
    • 610Kcal

    みんなの人気料理、ミートソーススパゲッティ。主食のスパゲッティ、主菜と野菜の入ったソース、1皿で献立要素がそろったメニューです。野菜が少なめなので、野菜スープや温野菜サラダなどをつければ、GOODです。

    主材料:(基本のミートソース) スパゲッティ(1.6mm)

  • ほたるいかと菜の花のスパゲッティ

    • 20分以下
    • 322Kcal
    • 塩分控えめ

    ほたるいかは、ほかのいかと同様に良質なたんぱく質が多い食材です。また、丸ごと食べられるほたるいかには、うま味のもとでもある内臓に、ビタミンA(レチノール)が多く含まれています。

    主材料:ほたるいか(ゆで) 菜の花 スパゲッティ(1.4mm)