疲労にレシピ 281件

検索条件

  • 主食
  • 疲労に
疲労に
エネルギーのもととなる糖質と糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を多く含む食品を摂ることが疲労回復に役立ちます。野菜や果物、調味料などの食品は、ビタミンB1の吸収を促進したり、疲労回復に役立つ成分を含んでいる事が多いので、偏らない食事をすることが大切です。酸味のきいた料理も効果的です。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • まぜまぜオムライス

    • かんたん
    • 10分以下
    • 365Kcal

    卵はアミノ酸バランスに優れた良質のたんぱく質を含みます。特にメチオニンが多く含まれ、体力の回復に効果があります。ビタミンCと食物繊維を含む野菜の一品を加えると、グーンとバランスがよくなります。

    主材料:チキンピラフ(冷凍) 卵

  • 焼きたらこと青菜のおにぎり

    • かんたん
    • 20分以下
    • 409Kcal

    小松菜のような緑黄色野菜には、ビタミン、ミネラル、食物繊維のほかに抗酸化物質が多く含まれ、生活習慣病の予防に役立つとされています。おかずだけでなく、おにぎりのような主食にもプラスすることで、食卓全体でたくさん摂取できます。

    主材料:ご飯 たらこ 小松菜

  • 貝柱のおかゆ

    • 60分超過
    • 102Kcal

    コトコト煮込んだおかゆは消化吸収がよく、胃腸の調子が悪い方にもお勧めです。貝柱に含まれるタウリンには肝臓の働きを助ける効果があるとされていますので、疲労回復にさらに効果が期待できます。

    主材料:米 貝柱

  • いわし飯

    • 60分超過
    • 449Kcal

    DHAやEPAなど不飽和脂肪酸を豊富に含むいわしが、たっぷりとれる一品です。不飽和脂肪酸は血液をサラサラにし、生活習慣病予防に役立つほか、血行促進に効果が期待できます。

    主材料:いわし 米

  • 牛テールの玄米がゆ

    • 60分超過
    • 576Kcal
    • 塩分控えめ

    玄米には、白米に比べて食物繊維やビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群は様々な代謝にかかわっており、不足すると肌荒れや疲労の原因になるので、不足しないように注意したい栄養素です。

    主材料:玄米 牛テール 牛レバー

  • うなとろろ丼

    • 20分以下
    • 608Kcal

    うなぎには、良質のたんぱく質、ビタミンA、B1、B2、E、鉄分、カルシウムが豊富に含まれています。また、脳の働きを活性化させるDHA、血液をサラサラにするEPAも豊富に含まれています。

    主材料:ご飯(温かいもの) うなぎの蒲焼き

  • ほたてのバター焼き丼

    • かんたん
    • 60分以下
    • 508Kcal

    バターとしょうゆの最強コンビがほたてのうま味を引き立てます。ほたてはコレステロールの低下や肝機能強化、高血圧の改善に役立つタウリンを豊富に含んでいます。火を通し過ぎるとかたくなるので注意しましょう。

    主材料:ご飯 ほたて貝 バター 白ワイン

  • 鶏ささ身と卵の中華粥

    • 20分以下
    • 445Kcal

    お米がスープをたっぷり吸って膨らんだおかゆは、食べごたえがあり、ダイエット中の方にお勧めのメニューです。鶏ささ身は低脂肪で高たんぱくのヘルシーな食材ですから、カロリーが気になる方によい組み合わせです。

    主材料:鶏ささ身 ご飯 卵

  • 納豆チーズ丼

    • かんたん
    • 10分以下
    • 521Kcal

    ご飯からは炭水化物、納豆とチーズからはたんぱく質がとれます。主食と主菜がそろった丼物なので、野菜がたっぷりの副菜や汁物を組み合わせると、栄養バランスが整います。主食、主菜、副菜がそろうように意識してみましょう。

    主材料:ご飯 納豆 プロセスチーズ

  • 豚しゃぶ梅おろしうどん

    • かんたん
    • 30分以下
    • 782Kcal

    豚肉には良質のたんぱく質、ビタミンB1が多く含まれています。また、卵は、筋肉の疲れをとり、修復してくれる必須アミノ酸が含まれています。梅干しの疲労回復効果や食欲増進効果も期待できます。

    主材料:うどん(冷凍) 豚肉(しゃぶしゃぶ用) 梅干し