便秘にレシピ 39件

検索条件

  • 汁物
  • 便秘に
便秘に
便秘は多くの女性が抱える悩みの一つです。不規則な食事・ストレス・食物繊維不足などが絡み合って起こるので、規則正しい食事を心がけ、食物繊維の多い野菜やキノコ類をたっぷり摂り、腸の調子を整えましょう。ビフィズス菌やその栄養となるオリゴ糖を含む食品も効果的です。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 豆のスープ

    • かんたん
    • 60分超過
    • 252Kcal

    大豆に豊富に含まれているイソフラボンは、体内で女性ホルモンと似た働きをするとされています。摂取することで、肩こりや冷え性などの不調緩和や、骨密度の低下を予防することにも役立つとされています。

    主材料:白いんげん豆 じゃがいも

  • お雑煮関西風

    • 30分以下
    • 217Kcal

    もちの主な栄養素は糖質です。もちは、こねてある分もち米の栄養が凝縮されているうえ、消化がよく、胃腸に負担をかけない優れたエネルギー源です。胃がもたれませんので、夜食にもよい一品です。

    主材料:大根 里いも 丸もち

  • ブロッコリーのポタージュ

    • 60分以下
    • 321Kcal

    緑の野菜を食べて、体の中の毒を排出させましょう。ブロッコリーには毒消し成分の硫黄化合物が含まれており、肝臓の解毒酵素の働きを高めたり、身体の中にある抗酸化酵素を活性化させたりします。

    主材料:ブロッコリー 牛乳 生クリーム

  • かぼちゃのミルクスープ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 478Kcal

    かぼちゃにはビタミンAやビタミンB1、B2、Cが豊富で、風邪の予防に効果があるとされています。カルシウムが豊富な牛乳も一緒にとれ、栄養抜群のスープです。

    主材料:かぼちゃ 牛乳

  • お手軽餃子スープ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 294Kcal

    にらは、ビタミンAやB1、Cなどのビタミンが豊富な野菜です。また、にらやねぎ特有の香りのもとである硫化アリルは、糖質代謝を促して身体を温める働きがあり、疲労回復に役立ちます。

    主材料:餃子(市販) にら

  • きのことブロッコリーの具だくさんスープ

    • 20分以下
    • 402Kcal

    きのこのうま味成分であるグルタミン酸は、老化予防(アンチエンジング)に効果があります。ビタミンCが豊富に含まれているブロッコリーとの組み合わせで、美肌作りに役立ちます。

    主材料:きのこ(まいたけ、しいたけ、しめじなど) 玉ねぎ ブロッコリー 牛乳

  • さつま汁

    • 20分以下
    • 202Kcal

    さつまいもは、いも類の中で一番多くビタミンCを含んでいて、でんぷんに包まれているので加熱しても壊れにくいのが特徴です。粘膜を正常に保つ働きのあるビタミンB6も多く含み、乾燥する季節にはぴったりの野菜です。

    主材料:さつまいも(細め)

  • 豚肉とブロッコリーのトマトスープ

    • 30分以下
    • 251Kcal

    疲労や、ストレスからくるイライラも、肌のためにはよくありません。ビタミンB群が豊富な豚肉は、疲労回復に役立ちます。抗酸化作用のあるビタミンが豊富な野菜と一緒にとることで、いっそう美肌作りに役立ちます。

    主材料:豚肉 ブロッコリー トマトジュース

  • キャベツとレンズ豆のスープ

    • かんたん
    • 60分以下
    • 133Kcal
    • 塩分控えめ

    レンズ豆はあらかじめ水につけなくても料理ができる手軽さに加え、栄養価の高い食材です。免疫力を高める良質たんぱく質、食物繊維も含まれており、コレステロールを抑える効果もあります。種類も、赤、黒、茶、緑と豊富です。

    主材料:キャベツ 玉ねぎ レンズ豆(乾燥)

  • 野菜たっぷりポトフ

    • 60分超過
    • 350Kcal

    風邪の予防には、身体を芯から温まる料理がお勧めです。身体に抵抗力をつける良質たんぱく質食品の牛肉、鼻や喉の粘膜を丈夫にするβ-カロテンの豊富なにんじん、ウイルスの侵入を防ぐビタミンCを含むじゃがいもに、優れた殺菌効果で風邪の予防に役立つアリシンの豊富な玉ねぎを組み合わせました。

    主材料:玉ねぎ にんじん じゃがいも 牛すね肉

カテゴリでさらに絞り込む

詳細な条件で探す