疲労にレシピ 56件

検索条件

  • 洋菓子
  • 疲労に
疲労に
エネルギーのもととなる糖質と糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を多く含む食品を摂ることが疲労回復に役立ちます。野菜や果物、調味料などの食品は、ビタミンB1の吸収を促進したり、疲労回復に役立つ成分を含んでいる事が多いので、偏らない食事をすることが大切です。酸味のきいた料理も効果的です。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • ほうじ茶プリンの黒蜜ソース

    • 60分超過
    • 170Kcal
    • 塩分控えめ

    ほうじ茶には、カテキンが豊富に含まれています。カテキンには抗酸化作用だけではなく、脂肪とコレステロールの吸収を抑える効果もあります。また熱に強いビタミンCも豊富で肌トラブル防止も期待できます。緑茶に比べてタンニンが少なく、カルシウムの吸収が阻害されにくいのも特徴です。

    主材料:ほうじ茶(茶葉) 牛乳 卵 砂糖 黒砂糖

  • マシュマロフレンチトースト

    • 60分超過
    • 515Kcal

    マシュマロの原料は、砂糖、水あめ、ゼラチン、コンスターチ、卵白などです。もともと、喉や胃腸に作用して炎症を抑える薬用として使われていました。改良されて現在のマシュマロに。ゼラチンの中のコラーゲンが美容効果が期待できます。

    主材料:食パン(5枚切り) 卵 牛乳

  • ダブルクリームいちごサンド

    • 60分超過
    • 526Kcal

    いちごはビタミンCが豊富なうえ、そのまま食べれるのでビタミンCの損失も少ない食材です。 ビタミンCは風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。いちごの赤い色素成分であるアントシアニンはポリフェノールの一種で、眼精疲労回復や視力回復にも役立ちます。

    主材料:食パン いちご 牛乳

  • リコッタチーズのパンケーキ

    • 30分以下
    • 484Kcal

    リコッタチーズは、かためたミルクから出てきた水分、乳清(ホエー)を加熱して煮詰めて作ります。低脂肪なのが特徴です。さっぱりした味で、やわらかで口当たりが良く、ミルクの自然な甘さが残った乳製品です。

    主材料:リコッタチーズ 卵 バナナ

  • ベリーソースのティラミスパフェ

    • 60分超過
    • 384Kcal
    • 塩分控えめ

    マスカルポーネは、おもに乳脂肪から作られるチーズです。チーズは乳酸菌や酵素が含まれていますので、腸内の善玉菌を増やし便秘や吹き出物の改善などが期待できます。ヨーグルトのように常食すれば、健康への様々な効果があります。

    主材料:卵 生クリーム いちごピューレー フランボワーズピューレー

  • ダブルミルクフラッペ・マンゴー添え

    • 60分超過
    • 172Kcal
    • 塩分控えめ

    マンゴーには果物の中でもビタミンA(β-カロテン)含有量がトップクラスです。このビタミンAは油に溶けて身体に吸収されます。牛乳には脂肪分が含まれているので一緒に食べることで吸収を促します。

    主材料:牛乳 マンゴー

  • 紅茶風味の洋梨チョコレートケーキ

    • 60分以下
    • 416Kcal
    • 塩分控えめ

    梨の成分の90%は水分で、目立った栄養素はありませんが、たんぱく質の消化を促進する酵素や食物繊維が含まれています。また、アスパラギン酸が含まれているので疲労回復を促進し、スタミナ増強に効果があります。

    主材料:紅茶パウダー 紅茶茶葉(アールグレイ) チョコレート(スイート) 生クリーム 洋梨のコンポート

  • パンケーキで簡単クリスマスケーキ

    • 60分以下
    • 429Kcal
    • 塩分控えめ

    ホットケーキミックスは薄力粉のほかに、砂糖やベーキングパウダーなどが入っています。ホットケーキ以外の様々なお菓子にも利用できます。バナナ、いちご、生クリームと一緒に食べることで、ビタミン類やカルシウムが補給できます。

    主材料:ホットケーキミックス 牛乳 いちご バナナ 生クリーム

  • シフォンケーキ

    • 60分以下
    • 463Kcal
    • 塩分控えめ

    絹織物のように軽い食感のシフォンケーキは、基本の作り方をマスターし、砂糖を調整したりフルーツ、ナッツ、野菜を加えてバラエティー豊かで栄養価に富んだオリジナルのデザートに仕上げてはいかがでしょう。

    主材料:卵 薄力粉

  • 炊飯器で簡単チョコプリン

    • 60分超過
    • 274Kcal
    • 塩分控えめ

    チョコレートの苦味成分テオブロミンには、リラックスさせる働きがあります。牛乳や生クリームに豊富なカルシウムにも、イライラした気持ちを抑える作用があるので、ストレスが溜まりやすい方にお勧めのスイーツです。

    主材料:製菓用チョコレート(スイート) 牛乳