レシピの検索結果 512件

検索条件

  • 揚げる
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 鶏のから揚げ野菜ソース

    • 30分以下
    • 219Kcal

    カロリーが気になる時にも食べられる、おいしい揚げ物料理です。素材や衣などで油分をカットしてカロリーを抑えているので、揚げ物ではないほかの主菜料理とカロリーはほとんど変わりません。

    主材料:鶏むね肉(皮なし)

  • 油淋鶏(ユーリンチー)

    • 30分以下
    • 192Kcal

    鶏肉に多く含まれるビタミンAは脂溶性ビタミンなので、揚げて油と一緒にとることで、吸収が高まります。お酢には、食欲増進や疲労回復効果があるとされていますので、元気がでるメニューです。

    主材料:鶏むね肉 パプリカ(赤)

  • 基本のドーナッツ オールドファッション

    • 60分以下
    • 338Kcal
    • 塩分控えめ

    オールドファッションドーナッツは、ベーキングパウダーを加えて膨らますケーキ生地のドーナッツです。牛乳や卵には、良質のたんぱく質やビタミンが豊富ですので、お子さまのおやつにぴったりですね。

    主材料:薄力粉 全卵

  • 鮭コロッケ

    • かんたん
    • 30分以下
    • 292Kcal

    缶詰の鮭の骨はやわらかいので、ほぐして入れればカルシウムが手軽に摂取でき、子どものお弁当のおかずなどにお勧めです。コロッケの主役じゃがいもはビタミンCを多く含み、熱で壊れにくいのが特徴です。

    主材料:じゃがいも 鮭(缶詰)

  • キャベツメンチ

    • かんたん
    • 60分以下
    • 221Kcal
    • 塩分控えめ

    メンチカツのタネにたっぷりキャベツを加えることで、カロリーを普通のメンチカツの1/4も抑えられます。食べごたえもあるので、ダイエット中にうれしい主菜になります。

    主材料:キャベツ 豚ひき肉

  • 豚肉ロールカツ

    • 30分以下
    • 397Kcal
    • 塩分控えめ

    えのきたけは、神経系の機能を正常に保ち、ストレスを予防する働きのあるビタミンB1を多く含んでいます。ビタミンB2やナイアシンも豊富で、肌の調子を整えてくれます。

    主材料:豚肉(薄切り) えのきたけ

  • 鮭とじゃがいもの揚げ団子

    • 20分以下
    • 97Kcal
    • 塩分控えめ

    鮭はDHAやEPAが豊富で生活習慣病予防に働きます。鮭のカルシウムとじゃがいものビタミンCは、相乗効果で吸収力が上がる組み合わせです。ビタミンCは加熱すると壊れやすいですが、じゃがいものビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴です。

    主材料:じゃがいも 鮭フレーク(市販) ホールコーン(缶詰または冷凍)

  • 鶏の南蛮漬け

    • 20分以下
    • 263Kcal

    鶏肉に多く含まれるビタミンAは脂溶性ビタミンなので、揚げて油と一緒にとることで、吸収が高まります。しし唐辛子は、トマトの4倍のビタミンCとビタミンCの吸収を助けるビタミンPが豊富に含まれていて、疲労回復を助けてくれます。お酢にも疲労回復の効果があるとされています。

    主材料:鶏もも肉 玉ねぎ

  • めかじきの竜田揚げ

    • 20分以下
    • 210Kcal
    • 塩分控えめ

    めかじきは、たんぱく質が多く、脂肪が少なめと身体にやさしいお魚。しし唐辛子に含まれる葉緑素(クロロフィル)も、余分なコレステロールを積極的に体外へ排出してくれ、揚げ物を低カロリーに抑えたい方にお勧めです。

    主材料:めかじき しし唐辛子

  • きんぴらごぼうロールカツ

    • 20分以下
    • 361Kcal

    豚肉に豊富に含まれているビタミンB1は、ご飯やパンに含まれる糖質の分解を助け、エネルギーに変えるという過程で、重要な働きをします。お米が主食の日本人には、大切な栄養素です。

    主材料:ごぼう 豚もも肉(薄切り)