花粉症にレシピ 130件

検索条件

  • 花粉症に
花粉症に
青背の魚のEPAでアレルギー症状を抑え、野菜のビタミンACEで抵抗力をつけましょう。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 塩こうじ入りポテトサラダ

    • かんたん
    • 30分以下
    • 160Kcal

    じゃがいもには、熱で壊れにくいビタミンC、たんぱく質の合成を助けるビタミンB6が豊富に含まれています。腸内環境を整える効果のある塩こうじとヨーグルトがベースのヘルシーな和風ポテトサラダです。

    主材料:じゃがいも ツナ(缶詰・ノンオイルタイプ) プレーンヨーグルト

  • 水切りヨーグルトのきな粉がけ

    • 60分超過
    • 137Kcal
    • 塩分控えめ

    ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内環境を整え、免疫力を上げる効果があります。また、きな粉には消化のよい良質のたんぱく質、筋力の合成を助けるビタミンB6が豊富に含まれています。

    主材料:プレーンヨーグルト きな粉

  • ゆず茶のヨーグルトパフェ

    • 10分以下
    • 88Kcal
    • 塩分控えめ

    ヨーグルトには、良質のたんぱく質、吸収のよいカルシウムが豊富です。ゆず茶は、たんぱく質の吸収を助けるビタミンCが含まれています。また、精神をリラックスさせ、集中力を高める効果があります。

    主材料:プレーンヨーグルト ゆず茶

  • キウイヨーグルトの塩こうじ添え

    • 10分以下
    • 92Kcal
    • 塩分控えめ

    キウイはビタミンA、C、E、食物繊維を豊富に含んでいます。塩こうじのおかげで、ヨーグルトの酸味がやわらぎ、砂糖がなくてもおいしく食べられます。塩こうじとヨーグルトはともに発酵食品なので、腸の調子を整えてくれる黄金コンビです。

    主材料:プレーンヨーグルト キウイ 塩こうじ

  • 鮭といくらの土鍋ご飯

    • 60分以下
    • 247Kcal
    • 塩分控えめ

    すじこやいくらに多く含まれるDHAやEPAは、血栓を防ぎ、血液をサラサラにして血流をよくする働きがあります。しかし、中性脂肪や悪玉コレステロールを増やす作用もあるので、食べ過ぎには注意が必要です。

    主材料:米 鮭(甘塩)

  • あじと野菜のつみれ汁

    • 60分以下
    • 84Kcal

    あじは、必須アミノ酸をバランスよく含んでいる良質のたんぱく質が豊富です。また不飽和脂肪酸が含まれていて、コレステロール値を下げたり、血液をサラサラにする効果が期待できます。

    主材料:あじ(上身・皮なし)

  • まぐろとほたて貝柱の卵春巻き

    • 30分以下
    • 103Kcal

    まぐろのたんぱく質は、牛肉や豚肉よりも優れています。良質な脂肪酸や鉄分、カリウムなどのミネラルも豊富です。まぐろに緑黄色野菜を加えれば、栄養価の高い献立になります。

    主材料:まぐろ(刺身用) ほたて貝柱 卵 ラー油(具材入り・添え用)

  • さわらの道明寺蒸し薄くず仕立て

    • 60分以下
    • 138Kcal

    さわらは、良質のたんぱく質やビタミンA、ビタミンB2、ビタミンD、ナイアシンなどを含みます。中でもカリウムが豊富なので、体内の余分なナトリウムの排出を促し、血圧上昇を抑制する働きがあります。

    主材料:さわら 道明寺粉

  • サーモンソテーのサラダ

    • 20分以下
    • 193Kcal
    • 塩分控えめ

    鮭はビタミンA、B群、D、カルシウムが多いのが魅力です。不足しているビタミンCを緑黄色野菜や果物で補いましょう。豊富なビタミンB群は、吸収を促進するアリシンを含むにんにくと組み合わせると、相乗効果が期待できます。

    主材料:生鮭(皮なし) プレーンヨーグルト

  • 鮭とじゃがいもの揚げ団子

    • 20分以下
    • 97Kcal
    • 塩分控えめ

    鮭はDHAやEPAが豊富で生活習慣病予防に働きます。鮭のカルシウムとじゃがいものビタミンCは、相乗効果で吸収力が上がる組み合わせです。ビタミンCは加熱すると壊れやすいですが、じゃがいものビタミンCは加熱しても壊れにくいのが特徴です。

    主材料:じゃがいも 鮭フレーク(市販) ホールコーン(缶詰または冷凍)