疲労にレシピ 1933件

検索条件

  • 疲労に
疲労に
エネルギーのもととなる糖質と糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を多く含む食品を摂ることが疲労回復に役立ちます。野菜や果物、調味料などの食品は、ビタミンB1の吸収を促進したり、疲労回復に役立つ成分を含んでいる事が多いので、偏らない食事をすることが大切です。酸味のきいた料理も効果的です。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • ホットチョコレート

    • かんたん
    • 10分以下
    • 311Kcal
    • 塩分控えめ

    シナモンの香りには、甘味を引き立てる働きがあるので、チョコレートの甘味がいっそう引き立ちます。チョコレートに含まれる苦味成分には、リラックス効果があるとされているので、ストレスが溜まっている方にお勧めです。

    主材料:チョコレート(ミルク) 牛乳

  • 10分で簡単いわしの梅煮

    • かんたん
    • 10分以下
    • 154Kcal

    梅の時期に旬を迎えるいわしは、ビタミンB群が豊富で、エネルギーの代謝を活性化し、梅同様、疲労回復に役立ちます。また、豊富に含まれるEPAがむくみを解消してくれるため、夏バテ対策や美容に効果的な1品です。

    主材料:いわし(しょうゆ煮・缶詰) 梅干し

  • ふぐの唐揚げ

    • 60分以下
    • 208Kcal

    ふぐは味が淡白ですので、油との相性がよく、唐揚げも人気です。ふぐにはコラーゲンが豊富で、肌のハリと弾力を保ち、シワを防いでくれます。添えのレモンを一緒にとれば、ビタミンCの働きでコラーゲンの生成を助けます。

    主材料:ふぐ(あらまたは骨付きの身)

  • あさりと菜の花の和え物

    • かんたん
    • 10分以下
    • 46Kcal
    • 塩分控えめ

    春を感じる食材、菜の花はβ-カロテンの宝庫。抗酸化作用を持ち、活性酸素の働きを抑えてくれるほか、免疫力アップにも効果を発揮します。また、あさりには鉄分とビタミンB12が含まれ、貧血予防、改善に有効に作用します。

    主材料:菜の花 あさり

  • まぜまぜオムライス

    • かんたん
    • 10分以下
    • 365Kcal

    卵はアミノ酸バランスに優れた良質のたんぱく質を含みます。特にメチオニンが多く含まれ、体力の回復に効果があります。ビタミンCと食物繊維を含む野菜の一品を加えると、グーンとバランスがよくなります。

    主材料:チキンピラフ(冷凍) 卵

  • イエロースムージー

    • 60分超過
    • 194Kcal
    • 塩分控えめ

    ひんやりとした口当たりが暑い季節にぴったりのスイーツです。牛乳やきな粉はカルシウムが豊富な食材です。また、きな粉にはカルシウムの骨からの流出を防ぐとされるイソフラボンも含んでいますので、骨粗しょう症予防に役立ちます。

    主材料:牛乳 パイナップル(缶詰)

  • 焼きたらこと青菜のおにぎり

    • かんたん
    • 20分以下
    • 409Kcal

    小松菜のような緑黄色野菜には、ビタミン、ミネラル、食物繊維のほかに抗酸化物質が多く含まれ、生活習慣病の予防に役立つとされています。おかずだけでなく、おにぎりのような主食にもプラスすることで、食卓全体でたくさん摂取できます。

    主材料:ご飯 たらこ 小松菜

  • ほうれん草ののり和え

    • かんたん
    • 10分以下
    • 24Kcal
    • 塩分控えめ

    ほうれん草には、ビタミンA、C、鉄分、カルシウム、食物繊維が豊富に含まれています。鉄分はヘモグロビンの材料になるで、鉄分の不足による貧血やスタミナが不足するのを防ぐ働きがあります。

    主材料:ほうれん草 もみのり

  • 小松菜と豚肉のみそ汁

    • 20分以下
    • 83Kcal

    小松菜にはビタミンA、カルシウムが豊富に含まれています。また、デトックス作用も期待できます。豚肉には、良質のたんぱく質、ビタミンB1が豊富に含まれています。

    主材料:豚こま切れ肉 みそ

  • 落とし卵のみそ汁

    • 20分以下
    • 101Kcal

    にら、卵の黄身には、目の粘膜を強くしてくれるビタミンAが豊富に含まれています。また、にらには視神経の働きをサポートするビタミンB1の吸収を助けるアリシンがたくさん含まれています。

    主材料:卵 にら だし汁 みそ