疲労にレシピ 1933件

検索条件

  • 疲労に
疲労に
エネルギーのもととなる糖質と糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を多く含む食品を摂ることが疲労回復に役立ちます。野菜や果物、調味料などの食品は、ビタミンB1の吸収を促進したり、疲労回復に役立つ成分を含んでいる事が多いので、偏らない食事をすることが大切です。酸味のきいた料理も効果的です。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • めんつゆにらだれの冷しゃぶサラダ

    • かんたん
    • 30分以下
    • 249Kcal
    • 塩分控えめ

    ニラに含まれるアリシンには疲労を回復させるビタミンB1の吸収を助ける作用があるため、糖質のエネルギー代謝を促すビタミンB1を含む豚肉一緒に摂ると、アリチアミンとなり疲労回復効果が期待できます。

    主材料:豚肉(しゃぶしゃぶ用)

  • 冷凍作り置き鮭ときのこのめんつゆ蒸し

    • かんたん
    • 30分以下
    • 169Kcal

    鮭の赤い身は、カロテノイド一種で、活性酵素を除去する働きをもつアスタキサンチンによるものです。またEPA、DHAも豊富でコレステロールを減少させてくれます。またきのこの食物繊維がコレステロールや脂肪の吸収を抑えるので相乗効果が期待できます。

    主材料:生鮭 しめじ しいたけ えのきたけ

  • 冷凍作り置き夏野菜とチキンのハーブソテー

    • かんたん
    • 30分以下
    • 404Kcal

    鶏の手羽の骨の周辺には血管や皮膚を守る栄養素であるコラーゲンが豊富に含まれます。コラーゲンはビタミンCと一緒に摂ることで吸収力がUPします。またビタミンAも豊富で、老化防止、美白効果が相乗効果が期待できます。

    主材料:鶏手羽中 パプリカ(赤) パプリカ(黄) ズッキーニ

  • 夏野菜のキーマカレー添え

    • かんたん
    • 20分以下
    • 301Kcal

    むくみで体の水分が滞っていると代謝不足で疲労物質も貯まりやすく、疲れが取れにくくなってしまいます。なすの利尿効果でまずむくみを改善し、にんにくのアリシンや、スパイス、しょうがなどの代謝を良くして身体を温める効果により疲れにくい身体つくりをしましょう。豚肉のたんぱく質、夏野菜のビタミン類も摂取でき、スタミナ作りに最適です。

    主材料:なす かぼちゃ ミニトマト ピーマン オクラ 豚ひき肉 カレー粉

  • タイ風焼きなすサラダ

    • 20分以下
    • 223Kcal

    なすに含まれるカリウムが利尿作用を促し、むくみが取れ、リンパ液の代謝を促します。一緒にパプリカ、レモン、アーモンドを取ることで、美容のビタミンとも言われる、ビタミンACEをバランスよく摂取できます。同時に牛肉からたんぱく質とコラーゲンを補充することで、美肌への相乗効果を体全体にいきわたらせることが出来ます。更に玉ねぎの血液サラサラ作用も加わり効果的です。

    主材料:なす 牛ひき肉

  • アボカドとツナのめんつゆパスタ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 473Kcal

    アボカドは、脂質の代謝を促すビタミンB2が豊富に含まれています。またリノール酸やオレイン酸といった不飽和脂肪酸が豊富に含まれ悪玉コレステロール値を下げてくれる効果があるため、血液をサラサラにする効果が期待できます。

    主材料:アボカド ツナ(缶詰・ライトタイプ) スパゲッティ

  • 10分で簡単いわしの梅煮

    • かんたん
    • 10分以下
    • 154Kcal

    梅の時期に旬を迎えるいわしは、ビタミンB群が豊富で、エネルギーの代謝を活性化し、梅同様、疲労回復に役立ちます。また、豊富に含まれるEPAがむくみを解消してくれるため、夏バテ対策や美容に効果的な1品です。

    主材料:いわし(しょうゆ煮・缶詰) 梅干し

  • 蒸しなすと豚肉の冷しゃぶ梅ごまだれ

    • 30分以下
    • 302Kcal

    豚肉は、疲労回復ビタミンとも呼ばれるビタミンB1が豊富で、糖質や脂質をエネルギーに変えてくれるナイアシンも含まれるため、梅と同様、夏バテ解消にはもってこいの食材。体の熱を発散させてくれるなすと、ごまの抗酸化作用も含め、夏にお勧めのレシピです。

    主材料:なす 豚肉 梅干し ごまドレッシング(市販)

  • 鶏肉の梅酒煮

    • 30分以下
    • 391Kcal

    体を温めるしょうがに加え、梅にもエネルギー燃焼効果があるので芯から体を温めてくれます。鶏肉の良質たんぱく質と、もやしに含まれるビタミン類を一緒に摂取することで代謝効率を良くし、冷え性を改善しながら夏バテ対策にもなるレシピです。

    主材料:鶏もも肉 梅干し もやし 青じそ

  • 新しょうがと豚肉のオイスター炒め

    • かんたん
    • 20分以下
    • 205Kcal

    しょうがの香成分のひとつのジンゲロンには、新陳代謝を促進するのに効果的です。また、脂肪を分解し、胆汁分泌を促進して、血中コレステロールを低下させる働きもあります。豚肉と一緒にとることで新陳代謝が活発になり、疲労回復につながります。

    主材料:豚肉(こま切れ) 新しょうが