疲労にレシピ 1933件

検索条件

  • 疲労に
疲労に
エネルギーのもととなる糖質と糖質をエネルギーに変えるビタミンB1を多く含む食品を摂ることが疲労回復に役立ちます。野菜や果物、調味料などの食品は、ビタミンB1の吸収を促進したり、疲労回復に役立つ成分を含んでいる事が多いので、偏らない食事をすることが大切です。酸味のきいた料理も効果的です。
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • かつおとアスパラのしょうがマヨ炒め

    • 20分以下
    • 252Kcal

    アスパラギン酸の疲労回復・ストレス改善効果に加えて、しょうがで体を温めることで代謝アップにつながります。さらに魚の油に含まれるDHA、EPAが血液をサラサラに促し、より効果的になります。冷え性の方や、普段の食事が肉類に偏りがちな方の疲労回復、ストレス改善におすすめです。

    主材料:グリーンアスパラガス かつおのたたき マヨネーズ

  • アスパラガスとチーズの生ハムスティックサラダ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 293Kcal

    アスパラガスのアスパラギン酸は疲労回復に効果的。チーズと生ハムの良質なたんぱく質で体の代謝活動を活発にすれば、相乗効果が期待できます。更に豚肉のビタミンB1もとれるので、疲労回復強化、スタミナ作りにおすすめのレシピです。

    主材料:グリーンアスパラガス 生ハム

  • 絹さやと豚肉のみそぽん酢炒め

    • かんたん
    • 30分以下
    • 243Kcal

    豚肉に豊富なビタミンB1には皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあります。エネルギー代謝も促進するので疲労回復や健康的な肌作りに最適。絹さやに豊富なビタミンC、みその抗酸化作用もプラスで、更に美肌効果がアップします。

    主材料:豚ロース肉(しょうが焼き用) 絹さや 玉ねぎ

  • 絹さやと厚揚げの卵炒め

    • かんたん
    • 10分以下
    • 275Kcal

    美肌のホルモンと言われるほど、美肌に欠かせない「エストロゲン」。大豆に含まれる大豆イソフラボンが似た働きをしてくれる上に、大豆ペプチドはコラーゲン生成に必要なアミノ酸をバランスよく含むため、肌のつや、ハリを改善してくれます。絹さやの抗酸化物質、β-カロテンとビタミンCの相乗効果で老化も防ぐことができ、より肌に効果的です。

    主材料:厚揚げ 絹さや 玉ねぎ

  • 絹さやとそら豆とアスパラのグリーンサラダ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 200Kcal
    • 塩分控えめ

    抗酸化ビタミンA、C、Eがそろっているアスパラガスと、更にCが豊富な絹さや、肌を作る材料になるたんぱく質まで含まれているそら豆を合わせたサラダは、これだけでも酸化を抑制して紫外線対策になり、ターンオーバーを促進して肌の状態を改善してくれます。ナイアシン含有量も多く肌荒れ改善にも最適です。

    主材料:絹さや グリーンアスパラガス そら豆

  • フルーティーチキンソテー

    • 60分以下
    • 549Kcal
    • 塩分控えめ

    鶏もも肉には、鉄分の他、赤血球を作る葉酸とビタミンB12も豊富に含まれています。オレンジのビタミンCは鉄の吸収を高めるので、貧血予防に効果が期待できます。またオレンジの香り成分であるリモネンがストレスを緩和してくれます。

    主材料:鶏もも肉 オレンジ果汁 オレンジ

  • 半熟卵の肉巻きおにぎり

    • 30分以下
    • 488Kcal

    卵のアミノ酸バランスの良いたんぱく質と、豚肉に豊富に含まれるビタミンB1は、疲労回復に役立ちます。また梅干しに含まれるクエン酸と豚肉を一緒に食べると、ピルビン酸がクエン酸に変わり、より一層効果が期待できます。

    主材料:卵 豚肉(薄切り) ご飯

  • たけのこと牛肉のガーリックソテーサラダ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 206Kcal

    鉄分不足の方のスタミナ作りに!バテない身体作りにはエネルギー代謝に必要なビタミンB群の補給も大切ですが、肉などに多い鉄分も重要。不足すると酸素が身体にいきわたりにくくなり、疲労につながります。両方一緒にとれる赤身肉のサラダに、たけのこの疲労回復効果も相乗してバテない身体を作りましょう。

    主材料:たけのこ(水煮) 牛肉(サイコロステーキ用) 豆苗

  • 豚バラ肉とたけのこのスタミナ甘酢炒め

    • 20分以下
    • 293Kcal

    すぐに疲れてしまう方に。豚バラ肉に多いビタミンB1は、糖質をエネルギーに効率よく変換し、疲れにくくしてくれます。玉ねぎやにんにくに含まれるアリシンがビタミンB1を血中に長く留めてくれるので、一緒にとることでより効果的に。さらに、たけのこに含まれるアスパラギン酸の疲労回復効果で、疲れ知らずのスタミナ作りが期待できます。

    主材料:豚バラ肉 たけのこ(水煮)

  • ごぼうのみそキムチ鍋

    • 60分超過
    • 473Kcal

    ダイエットのスタートにおすすめ!食物繊維が豊富でデトックス効果の高いごぼうは、摂取した糖質や脂質の吸収を抑え、排出を促してくれます。さらに、体内に貯蓄されたエネルギーを唐辛子のカプサイシンが燃焼、あつあつの鍋で身体を温め、新陳代謝も良くなり、ダイエットに効果的です。まずは代謝を良くして老廃物を出してからダイエットをしましょう。

    主材料:キムチ 豚肉 ごぼう