レシピの検索結果 530件

検索条件

  • 「レモン汁」を含む
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 青じそシャーベット

    • かんたん
    • 60分超過
    • 99Kcal
    • 塩分控えめ

    青じその高い抗酸化作用や、豊富なビタミン、ミネラルをとれ、体の酸化をお肌だけでなく身体の中から予防、回復できるレシピです。レモンに豊富なビタミンCも相乗してお肌の他、夏の日差しや気候からくるストレスを改善してくれます。ただ、ソラレンという紫外線を吸収しやすくし、色素沈着を起こしやすくなる成分も含まれるので、これからたっぷり紫外線に当たる午前中より、夕方のおやつや夕食後などにおすすめです。

    主材料:青じそ 白ワイン グラニュー糖 レモン汁

  • セロリとアーモンドのポテトサラダ

    • 10分以下
    • 165Kcal
    • 塩分控えめ

    セロリやじゃがいもの皮に特に多く含まれているカリウムは、体内の余分な塩分を排出して正常化する作用を持ち、むくみの解消や、二日酔いなどの軽い脱水作用で体内の電解質のバランスが崩れた時の補給になり、これによって引き起こされる頭痛解消にもつながります。また、セロリには独特の香り成分アピインに鎮静作用があり、頭痛解消に効果的と言われています。そこへ、アーモンドを組み合わせることで、豊富なマグネシウムが血管の緊張をやわらげるのに役立つので、頭痛の軽減におすすめの組み合わせ料理です。

    主材料:セロリ じゃがいも アーモンド ベーコン

  • 炒めセロリのオレンジヨーグルトソース

    • 10分以下
    • 43Kcal
    • 塩分控えめ

    血圧が高い方や、肩こりがひどい方など、ガンガンするような頭痛の原因は、カルシウム不足である可能性が大きいです。血管を収縮する時に働くカルシウムが不足すると、脳からの指令で、骨に蓄えられたカルシウムを放出してでも、血液中のカルシウム濃度を一定に保とうとします。骨から放出されたカルシウムは、通常より細胞内に入り込みやすく、血管の細胞を過剰に収縮させて、精神的な緊張や、疲れた時に頭痛や肩こりを引き起こします。また、血圧も上昇させてしまいます。普段からカルシウムを摂取することで頭痛予防になり、セロリの香り成分アピインの鎮痛作用で頭痛を和らげてくれます。

    主材料:セロリ ネーブル プレーンヨーグルト

  • ほうれん草パンケーキとレモンクリーム

    • かんたん
    • 30分以下
    • 234Kcal
    • 塩分控えめ

    疲れやすい、貧血など、鉄分不足にはほうれん草が効果的。また、豊富なビタミンやミネラルも相乗して血行やお肌の調子も良くなります。ほうれん草にも多いビタミンCは鉄分の吸収率を上げますが、加熱により壊れやすいもの。生レモンの搾り汁をクリームにたっぷり加えて効果を高めましょう。

    主材料:

  • 刻みブロッコリーとカッテージチーズのサラダ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 64Kcal
    • 塩分控えめ

    「スーパーベジタブル」と言われるほど栄養価の高いブロッコリー。生食にするとより効果的に栄養を摂取できます。更に筋肉のもとになるたんぱく質が豊富なカッテージチーズを合わせたレシピは、筋トレやダイエットなど体づくりにおすすめです。糖質、脂肪分が少ないのでヘルシーに体を引き締めることができ、食後に活動的になる朝食や昼食に最適です。

    主材料:ブロッコリー カッテージチーズ

  • 豆腐のベイクドチーズケーキ

    • 60分超過
    • 269Kcal
    • 塩分控えめ

    チーズはアミノ酸バランスが良いタンパク質、カルシウム、ビタミンB2が豊富です。また豆腐も必須アミノ酸を含むタンパク質、カルシウム、サポニンが豊富に含まれています。チーズを半分豆腐に置き換えることで、カロリーオフと疲労回復が期待できる組み合わせです。

    主材料:クリームチーズ 絹ごし豆腐

  • 冷凍作り置き夏野菜とチキンのハーブソテー

    • かんたん
    • 30分以下
    • 404Kcal

    鶏の手羽の骨の周辺には血管や皮膚を守る栄養素であるコラーゲンが豊富に含まれます。コラーゲンはビタミンCと一緒に摂ることで吸収力がUPします。またビタミンAも豊富で、老化防止、美白効果が相乗効果が期待できます。

    主材料:鶏手羽中 パプリカ(赤) パプリカ(黄) ズッキーニ

  • タイ風焼きなすサラダ

    • 20分以下
    • 223Kcal

    なすに含まれるカリウムが利尿作用を促し、むくみが取れ、リンパ液の代謝を促します。一緒にパプリカ、レモン、アーモンドを取ることで、美容のビタミンとも言われる、ビタミンACEをバランスよく摂取できます。同時に牛肉からたんぱく質とコラーゲンを補充することで、美肌への相乗効果を体全体にいきわたらせることが出来ます。更に玉ねぎの血液サラサラ作用も加わり効果的です。

    主材料:なす 牛ひき肉

  • アボカドとツナのめんつゆパスタ

    • かんたん
    • 20分以下
    • 473Kcal

    アボカドは、脂質の代謝を促すビタミンB2が豊富に含まれています。またリノール酸やオレイン酸といった不飽和脂肪酸が豊富に含まれ悪玉コレステロール値を下げてくれる効果があるため、血液をサラサラにする効果が期待できます。

    主材料:アボカド ツナ(缶詰・ライトタイプ) スパゲッティ

  • さば缶とアスパラのピリ辛ごま酢和え

    • 10分以下
    • 62Kcal

    良質たんぱく質を含むさばと、代謝を促進する効果のあるアスパラガスを組み合わせることで、効果的に疲労回復を促し、ストレスに負けないスタミナをつけることができます。さば缶と電子レンジ調理のアスパラガスを和えるだけの簡単料理は、お弁当にもおすすめです。

    主材料:グリーンアスパラガス さば水煮(缶詰)