レシピの検索結果 87件

検索条件

  • 「白菜」を含む
  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • 白菜めんの担々めん

    • 20分以下
    • 298Kcal

    白菜は低カロリーで低GIの食材。めんをたっぷりの白菜に置き換えてヘルシーに担々めんを楽しめます。ごまに含まれるセサミンには、アセトアルデヒドの分解を促進する効果が期待できるため、二日酔い予防にもおすすめ。白菜のカリウムでむくみ予防にもなるので、お酒を飲んだ後の〆料理としても最適なレシピです。

    主材料:白菜 豚ひき肉

  • 白菜のクラムチャウダー

    • 20分以下
    • 130Kcal

    牛乳に含まれるセロトニンが、アルコールによって拡張した血管を収縮させて頭痛を和らげてくれます。また、あさりには、肝臓で脂肪代謝を助けるタウリンや、肝機能を高める成分、アミノ酸・ミネラル・グリコーゲンが含まれているので二日酔い自体も改善できます。同じ貝類でも、あさりの代わりに、かきを使うとより効果的です。

    主材料:白菜 あさり(缶詰) 牛乳

  • 白菜のシーザーサラダ

    • 10分以下
    • 185Kcal
    • 塩分控えめ

    白菜に含まれるカリウムや、バランスよく多種含まれているビタミン類・ミネラルが水分の代謝を促進してむくみ改善に役立ちます。春菊にもカリウムが豊富なため、合わせることでより効果的になります。

    主材料:白菜 春菊 京揚げ

  • 即席白菜の浅漬け

    • かんたん
    • 10分以下
    • 53Kcal

    柿に含まれるカタラーゼとビタミンCが、アセトアルデヒドの分解を促進に役立つので、二日酔いの改善に効果的です。大根おろしに豊富な消化酵素で消化を助けて胃もたれにも効果が高い万能レシピです。

    主材料:白菜

  • かぶとたらのみぞれ鍋

    • 30分以下
    • 151Kcal

    消化がよく脂分の少ないたらは、胃腸の弱っているときに最適なたんぱく質源になります。かぶだけでなく、大根にも消化促進作用が強く、加える野菜は千切りにして消化をよくし、大根おろしを最後に鍋に加えてサッと温めることで、ビタミンや消化酵素が破壊されずにたくさん摂取できます。温かい料理で身体も温まり、血行も良くなるため、すでに胃腸がかなり弱っている方へもおすすめしたいメニューです。

    主材料:かぶ たら 大根(おろし)

  • えびとお漬け物の手まりずし

    • かんたん
    • 30分以下
    • 434Kcal

    高たんぱく低脂肪でビタミンEの含有量が多く、疲労回復、滋養強壮、免疫力向上に役立つタウリンやアルギニンが豊富なえびをおすしにしました。老化を防ぎ、夏場の疲労回復に役立つ主食です。漬物の乳酸菌で腸内環境の改善にも効果が期待されます。

    主材料:ご飯(温かいもの) えび

  • 白菜としょうがのみそ汁

    • 20分以下
    • 33Kcal

    しょうがには、辛味成分のジンゲロンとショウガオールが含まれており、胃液の分泌を促して消化を助けてくれます。白菜、しょうが共に身体を温める性質があります。

    主材料:白菜 しょうが みそ

  • 牛肉のごちそうサラダ

    • 30分以下
    • 277Kcal
    • 塩分控えめ

    牛肉には血液や皮膚、内臓や毛髪、爪など身体を作るうえで、大切な栄養素のたんぱく質を構成するアミノ酸が多く含まれています。牛肉は体内で作れない必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。

    主材料:牛バラ肉(網焼き用) 白菜 ベビーリーフ

  • 白菜と鶏ささ身のすまし汁

    • 60分以下
    • 46Kcal
    • 塩分控えめ

    白菜の食物繊維は、やわらかくて消化がよいです。白菜の95%が水分で、ビタミンC、カルシウム、鉄分、β-カロテンが含まれ、特に芯の部分に栄養が豊富です。寒い冬に身体を温める野菜としてもお勧めです。

    主材料:白菜 鶏ささ身

  • 白菜とハムのヘルシーグラタン

    • 60分以下
    • 172Kcal

    ホワイトソースを作るのに使うバターを除き、牛乳は低脂肪乳を使いカロリーを抑えました。カルシウムは1日に必要な量の1/3もとれるので、女性や子どもにもお勧めのメニューです。

    主材料:白菜 ハム 低脂肪乳