レシピの検索結果 5550件

  • 新しい順
  • 低カロリー順
  • 短時間順
  • 材料少ない順
  • 塩分少ない順
  • まいたけと牛肉とごぼうの甘辛炒め

    • 20分以下
    • 157Kcal

    手軽で作り置きにも便利、煮物や炒め物などにリメイクもしやすい常備菜です。まいたけの免疫力を高める効能に加え、ごぼうに豊富な水溶性食物繊維、イヌリンにも同様の効能があり、細胞を作る主となる栄養素タンパク質を牛肉から摂取もできる、免疫強化に効率的なバランスレシピです。

    主材料:まいたけ 牛ロース肉(薄切り) ごぼう しょうが

  • まいたけと鶏手羽先の水炊き

    • 60分以下
    • 160Kcal

    手羽先のプルプルコラーゲンをたっぷり摂取でき、体も温まるお鍋。乾燥肌対策や細胞の再生、強化にも活躍し、ウイルスの侵入を防ぐ効果も期待できます。体内の免疫細胞を活性化してくれるまいたけと組み合わせることで、より効果的に、風邪やインフルエンザに負けない体つくりをしましょう。

    主材料:まいたけ キャベツ 鶏手羽先 しょうが

  • まいたけの梅しょうがスープ

    • かんたん
    • 10分以下
    • 13Kcal

    体が冷えるとそれだけで全身の免疫力が落ちてしまいます。しょうがたっぷりの温かいスープで体を温め、まいたけに含まれるβ-グルカン(多糖類)をはじめ、ビタミンB1、B2、ビタミンDなどの栄養素が体内でより効率よく働き、免疫力強化できるようにしましょう。まいたけの栄養が壊れすぎないように、さっと火にかけ、栄養の溶けだしたスープを余さず飲んで、更に効率アップです。

    主材料:まいたけ しょうが(すりおろし) 梅昆布茶

  • まいたけといわし缶のトマト煮

    • かんたん
    • 10分以下
    • 235Kcal

    中性脂肪が多く血液ドロドロに偏ると、全身に栄養が供給しにくく、血管にも負担がかかってきます。抗酸化作用の高いトマトや、DHA、EPAが豊富ないわしを組み合わせることで血液サラサラ効果が期待でき、まいたけの効能、免疫力改善効果をより効率よく手に入れ、風邪・インフルエンザ予防に役立てましょう。

    主材料:まいたけ いわし味付け(缶詰) トマトケチャップ

  • しめじとはまぐりの卵とじうどん

    • 20分以下
    • 292Kcal

    しめじに豊富なビタミンDはカルシウムの吸収促進により、ストレスを和らげるのに役立ちます。糖質であるうどんを減らしても、しめじの食感で満足感も得られるのでヘルシー。受験生やお仕事向けのお夜食にもぴったりです。はまぐりを合わせることで旨みがでるだけでなく、疲労回復、神経機能の正常化など、しめじの栄養素と相乗して効果が期待できます。受験生の方には七味などをかけて少々刺激をプラスするのもおすすめです。

    主材料:しめじ はまぐり 卵 うどん

  • しめじと玉ねぎのチャウダー

    • 20分以下
    • 101Kcal

    体を温めて快適な睡眠を得るには、夕食にとろみのあるスープをとるのが最適。中でも、カルシウムが豊富な牛乳を使ったチャウダーは、鎮静効果があり、ストレスを和らげ、体を休めるのに効果的です。しめじに豊富なビタミンDが、牛乳のカルシウム吸収を助け、より効果的な組み合わせとなります。ベーコンなどは入れず、しめじの旨味たっぷりで脂質が少なめで消化も良く、夜食にもおすすめです。

    主材料:しめじ 玉ねぎ 牛乳

  • しめじとかきの酸辣湯

    • かんたん
    • 10分以下
    • 72Kcal

    しめじには二日酔いに効果的なオルニチンが多く、肝臓を守りアルコールの代謝を助けてくれます。アルコール代謝に効果的なタウリンと亜鉛を豊富に含んだかきを合わせることで、より効果が高まり、食べることで次の日に疲れが残りにくくなります。胃にもたれないよう油は使わず、酸味で胃の消化を助けてくれるので、遅い時間のお夜食にも最適です。

    主材料:しめじ 長ねぎ 絹ごし豆腐 かき

  • しめじとレタスの卵炒め

    • かんたん
    • 10分以下
    • 127Kcal

    夜遅い時間の食事には、カロリーが低く、糖質・脂質が控えめで、たんぱく質が多く、更に消化の良いものが適しています。消化の良い、良質なたんぱく質が豊富な卵に、低カロリーなしめじとレタスを組み合わせるこで、遅い食事でも快眠効果が得られます。しめじには、ビタミンDが豊富に含まれており、カルシウムの吸収を促してストレスを和らげてくれます。レタスの苦み成分の一種「ラクチュコピクリン」には鎮静作用があり、より良い睡眠を求める方には最適な組み合わせです。

    主材料:しめじ レタス 卵

  • 千切りキャベツとベーコンのチーズ焼き

    • 20分以下
    • 186Kcal

    キャベツに豊富なビタミンUが胃腸の粘膜を保護して負担を軽くするのに役立ちます。千切りキャベツを蒸し焼きにすることでかさも減るので、沢山食べることができます。脂質が多いベーコンやチーズは少量にすればカロリーを抑えられます。キャベツに豊富なビタミンCに肉や乳製品のたんぱく質を合わせることで肌粘膜の再生を促し、胃腸の負担を更に軽くしてくれます。

    主材料:キャベツ ベーコン ホールコーン(缶詰) 溶けるチーズ

  • キャベツたっぷり豆腐クリームのサンドイッチ

    • 60分以下
    • 433Kcal

    キャベツに豊富なビタミンUが荒れた胃腸の粘膜を修復して保護するのに役立ちます。一日に必要なたんぱく質を豆腐から、エネルギーの素となる炭水化物をパンからバランスよく摂取できます。もたれた胃腸も回復できる食べやすいメニューです。食べずに回復を待つより、軽く食べて必要な栄養をとることも大切です。

    主材料:食パン(8枚切り) キャベツ 絹ごし豆腐