注目キーワード
鍋物
かぶ
鶏ひき肉
夜食
ほうれん草
れんこん
いちご
菜の花
受験カツ
酒粕

赤じそジュースレシピ

69Kcal(1杯分換算)

赤じそジュース

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
赤しそには、ビタミンA、カリウム、カルシウム、鉄分が豊富に含まれています。また、最近注目されているポリフェノールの一種のロズマリン酸には、アレルギー抑制効果があるとされています。

69Kcal

1杯分換算
脂質 0g
糖質 16.9g
塩分(食塩相当量) 0g
コレステロール 0mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.03mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

読書 62分

読書

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

作りやすい分量(出来上がり2L)

  • (赤じそジュースの原液)(作りやすい分量)
  • ・赤じそ400g
  • きび砂糖800g
  • りんご酢(又は米酢)大さじ3
  • 2000ml
  • レモン汁大さじ2
  • (ジュース)
  • ・ミネラルウォーター1/2カップ強(120ml)
  • ・赤じそジュースの原液大さじ3

作り方

  1. (赤じそジュース原液の作り方)

  2. 1

    赤じそは、葉の部分を摘み取り、よく洗って水気を切っておきます。

  3. 2

    鍋に水を入れて火にかけ、煮立ったら(1)の赤じその葉を加えて煮汁が黒っぽい紫色になるまで5分程度煮出し、キッチンペーパーを敷いたザルでこします。

  4. 3

    (2)の煮汁を鍋に戻し、きび砂糖、りんご酢を加えてアクをすくい取りながら15分程度煮詰め、レモン汁を加えて粗熱が取れたら煮沸消毒したビンなどに入れ、冷蔵庫で保存します。

  5. (赤じそジュースの作り方)

  6. 4

    完成した(3)の原液(大さじ3)と氷をグラスに入れ、ミネラルウォーターを注いでいただきます。3~4倍希釈がお勧めです。

ワンポイントアドバイス

原液が出来上がった直後からいただけます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について