注目キーワード
りんご
しめじ
唐揚げ
照り焼き
ささ身
パーティ
ハロウィン
ベーコン

鶏のコーンフレーク揚げレシピ

238Kcal(1人分換算)

鶏のコーンフレーク揚げ

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
一般的なパン粉の衣に比べて、コーンフレークの衣ではβ-カロテンの量が多くなります。β-カロテンは抗酸化作用があり、体内の活性酸素を消去する働きがあります。油と合わせてとることで、利用されやすくなります。

238Kcal

1人分換算
脂質 15.5g
糖質 11.9g
塩分(食塩相当量) 2.6g
コレステロール 81mg
ビタミンD 0.3μg
ビタミンB2 0.1mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ビリヤード 114分

ビリヤード

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • 鶏肉(チューリップ用)8本
  • (A)
  • ・酒大さじ1
  • ・しょうゆ大さじ1
  • ・塩小さじ1
  • ・四椒粉(スージャオフェン)小さじ1/3
  • ・八角少々
  • ・うま味調味料少々
  • 青ねぎ少々
  • しょうが少々
  • 片栗粉適量
  • 1/2個
  • コーンフレーク30g
  • レモン1個
  • 揚げ油適量

作り方

  1. 1

    青ねぎ、しょうがは各々ぶつ切りにして、(A)と合わせ、鶏肉を入れて、約20分間、漬け込みます。

  2. 2

    (1)の水気を切り、片栗粉、溶き卵、コーンフレークの順に付けて、中温の揚げ油で揚げます。

  3. 3

    器に(2)を盛り、薄切りのレモンを花形にして飾ります。

ワンポイントアドバイス

一般的なパン粉の衣に比べて、コーンフレークの衣ではβ-カロテンの量が多くなります。β-カロテンは抗酸化作用があり、体内の活性酸素消去する働きがあります。油と合わせて摂ることで、利用されやすくなります。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について