注目キーワード
ズッキーニ
ニラ
介護食
なす
やわらか食
キャベツ
免疫
玉ねぎ
弁当

金美にんじんの和風スープレシピ

93Kcal(1人分換算)

金美にんじんの和風スープ

  • 印刷する
管理栄養士コメント
金美にんじんは、黄色のにんじんです。生のままでも甘くて食べやすいですが、加熱したほうが、よりおいしいです。β-カロテンも豊富に含まれていて、免疫力アップにも皮膚の健康維持にも効果が期待できます。

93Kcal

1人分換算
脂質 3.5g
糖質 8.1g
塩分(食塩相当量) 1.4g
コレステロール 7mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.07mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

バレーボール 16分

バレーボール

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • 金美にんじん120g
  • 米油適量
  • だし汁350ml
  • (A)
  • ・薄口しょうゆ小さじ1/2
  • ・塩ひとつまみ
  • ・白みそ20g
  • ほたて貝柱2個
  • 少々

作り方

  1. 1

    にんじんは皮をむいて薄切りにし、米油(小さじ1程度)で焦がさないように炒めます。

  2. 2

    だし汁を加えてやわらかくなるまで煮て、粗熱を取ってミキサーにかけ、鍋に戻します。

  3. 3

    (A)を加えて味を調えます。

  4. 4

    ほたて貝柱はかたい部分をとって塩をふり、米油で両面焼きます。

  5. 5

    温めた(3)を椀に注ぎ、(4)を入れます。お好みで、にんじんの葉などを添えます。

  6. ※普通のにんじんでも代用できます。

ワンポイントアドバイス

冬が旬の金美にんじんを使って作るやさしい味のスープです。中国系の黄色にんじんと通常の短根赤系にんじんを掛け合わせた黄色い品種。にんじん臭さがなく、肉質はやわらかく甘味が強いので、ジュースや生食にも向いています。ここでは、白みそを加えて和風に仕上げます。米油とは、新鮮な米糠と胚芽からつくられた植物油で、リノール酸やビタミンEなどの栄養素を豊富に含んでいます。だし汁の代わりにブイヨンで煮、洋風のスープに仕上げても美味しいです。(4)の工程の時、温度キープ機能を使うと便利です。(200℃)

大阪ガスクッキングスクール

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」