注目キーワード
むね肉
オクラ
介護食
なす
やわらか食
ピーマン
免疫
玉ねぎ
弁当

玄米ライスプディングレシピ

194Kcal(1人分換算)

玄米ライスプディング

  • 印刷する
管理栄養士コメント
玄米の「胚芽(はいが)」には、食物繊維、ビタミンB1、E、B2とミネラル類が含まれていて、疲労回復や抗酸化作用が期待できます。煮込んだことでやわらかくなっているので、ご飯のままの状態より消化がよくなっています。

194Kcal

1人分換算
脂質 3.5g
糖質 37.2g
塩分(食塩相当量) 0.5g
コレステロール 0mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.04mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

フットサル 31分

フットサル

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

  • 玄米ご飯90g
  • 干しあんず12g
  • りんごジュース(果汁100%)240ml
  • 少々
  • 練りごま(白)小さじ2
  • みかんの皮(またはオレンジやレモンの皮)小さじ1/4
  • クコの実適宜

作り方

  1. 1

    干しあんずは5mm角くらいに刻みます。クコの実は、水につけて戻します。

  2. 2

    みかんの皮のオレンジ色の部分だけを削ぎ、細かいみじん切りにします。

  3. 3

    玄米ご飯、(1)の干しあんず、(2)、りんごジュース、塩を鍋に入れ、中火で沸騰させ、ふたをして弱火にし、10分煮ます。

  4. 4

    (3)を木ベラでやさしく混ぜ、玄米ご飯をほぐします。ふたをはずして、さらに3分くらい弱火で煮ます。

  5. 5

    (4)に練りごまを加えて全体をよく混ぜ、クリーム状になるまで時々かき混ぜながら、さらに3分くらい煮ます。

  6. 6

    (5)を器に盛り付け、上に(1)のクコの実を飾ります。

ワンポイントアドバイス

玄米ご飯は、冷たい状態のものでも作ることができます。その場合は、かたまりができないように、木ベラでよくほぐしてから煮込みましょう。干しあんずは、レーズンなどほかのドライフルーツで代用することもできます。冷やしかためなくても、玄米の粘度でクリーム上にかたまるので手早く作っていただけます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」