注目キーワード
なす
ごぼう
豚肉
オクラ
照り焼き
お月見
ツナ缶
かにかま
ベーコン

えびの揚げ物・2種レシピ

215Kcal(1人分換算)

えびの揚げ物・2種

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
えびにはベタインというアミノ酸が含まれており、糖の吸収を抑える働きやコレステロールを低下させる作用があると言われています。えびに含まれるタウリンにも同じくコレステロールを低下させる作用があると言われます。

215Kcal

1人分換算
脂質 11g
糖質 14.5g
塩分(食塩相当量) 0.5g
コレステロール 115mg
ビタミンD 0.3μg
ビタミンB2 0.18mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

裁縫 161分

裁縫

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • (えびのすり身揚げ)
  • ・えび150g
  • ・卵白1個分
  • ・酒大さじ1/2
  • ・塩少々
  • ・片栗粉大さじ1
  • ・玉ねぎ20g
  • ・生しいたけ8枚
  • ・片栗粉少々
  • ・揚げ油適量
  • (えびのミニ竜眼揚げ)
  • ・えび4尾
  • ・塩少々
  • ・酒少々
  • ・うずら卵4個
  • ・片栗粉少々
  • ・卵白少々
  • ・みじん粉少々
  • ・揚げ油適量

作り方

  1. (えびのすり身揚げを作ります)

  2. 1

    えびは殻、背わたを取り、スピードカッターですり身にして、卵白、酒、塩、片栗粉、みじん切りの玉ねぎを加えます。

  3. 2

    生しいたけは軸を取り、切り離さないように表面に2mm幅の切り込みを入れ、サッとゆでて、水気を切ります。

  4. 3

    (2)の裏面に片栗粉をふり、8等分した(1)をのせて、筒状に形づくります。

  5. 4

    やや低温の揚げ油でゆっくりと揚げます。

  6. (えびのミニ竜眼揚げを作ります)

  7. 5

    えびは尾を残して殻、背わたを取り、背から開いて酒、塩をふります。

  8. 6

    うずら卵はかたゆでにし、殻を取ります。

  9. 7

    (6)に片栗粉をまぶし、(5)で包んでつまようじでとめます。

  10. 8

    片栗粉、卵白、みじん粉の順に付け、やや低温の揚げ油で揚げます。

  11. 9

    (8)を2等分に切ります。

ワンポイントアドバイス

エビにはベタインというアミノ酸が含まれており、糖の吸収を抑える働きやコレステロールを低下させる作用があり、糖尿病や動脈硬化の予防が期待できます。エビに含まれるタウリンにも同じくコレステロール低下作用があります。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について