注目キーワード
なす
こんにゃく
弁当
から揚げ
照り焼き
ささ身
ツナ缶
かにかま
ベーコン

黒ごまのマーブルチーズケーキレシピ

344Kcal(1切れ分換算)

黒ごまのマーブルチーズケーキ

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
ごまや牛乳はカルシウムを多く含んでいる食材です。カルシウムは強い骨を作るだけでなく、イライラした気持ちを抑える働きもありますので、ストレスが溜まりがちな方にもとってほしい栄養素です。

344Kcal

1切れ分換算
脂質 25.9g
糖質 19.7g
塩分(食塩相当量) 0.5g
コレステロール 88mg
ビタミンD 0.4μg
ビタミンB2 0.16mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

デスクワーク 237分

デスクワーク

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

18cmの底の抜ける型1台分(8切れ程度)

  • グラハムクラッカー90g
  • バター(無塩)30g
  • ごまペースト(または練りごま)(黒・土台用)15g
  • クリームチーズ200g
  • サワークリーム150ml
  • 牛乳150ml
  • 2個
  • 三温糖50g
  • はちみつ20g
  • コーンスターチ大さじ1・1/2
  • ごまペースト(または練りごま)(黒・生地用)30g
  • すりごま(黒)大さじ2

作り方

  1. 1

    バターは電子レンジで溶けるまで加熱し、グラハムクラッカー、ごまペースト(土台用)とともにフードプロセッサーにかけたら、型の底にまんべんなく敷きます。

  2. ※焼成時にお湯が入るのを防ぐために、型の底をアルミホイルで覆ってください。

  3. 2

    クリームチーズを電子レンジ(弱)で指が入るくらいのやわらかさまで加熱し、大きめのボウルに入れて泡立て器でよく練り、三温糖、はちみつを加えてさらに混ぜます。サワークリームを少しずつ入れながら、その都度よく混ぜます。

  4. 3

    (2)のボウルに卵を1個ずつ加えて混ぜたら、コーンスターチを加えてよく混ぜます。さらに牛乳を数回に分けて加えてよく混ぜたら、こし器で一度こします。オーブンを200℃に予熱しておきます。

  5. 4

    黒ごま生地として(3)から150gを取り分け、電子レンジで少し温めてやわらかくしたごまペースト(生地用)、すりごまを加えてよく混ぜます。型に(3)の残りの生地の半分を流し、次に黒ごま生地を半分回し入れます。あとは交互にひとすくいずつ入れて模様を描くようにならします。

  6. 5

    天板に(4)をおいて熱湯を注ぎ、オーブンの温度を180℃に下げて約15分焼いたら、160℃に下げてさらに40分焼きます。

  7. ※オーブンに天板をセットしてからお湯を注いでください。途中で天板のお湯が少なくなったら足してください。表面が焦げそうになったらアルミホイルをかぶせて温度を10℃上げてください。

  8. 6

    焼き上がったらオーブンから取り出し、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。

  9. ※熱いふきんを絞り、型の側面を温めてから底をゆっくり持ち上げると、きれいに取り出せます。

  10. (グラハムクラッカーを手作りにする場合)※作りやすい分量

  11. 1

    小麦粉(200g)、ベーキングパウダー(小さじ1)、塩(小さじ1/2)を合わせてふるい、ボウルに入れてグラハム粉(60g)と混ぜ合わせます。

  12. 2

    はちみつ(60g)とショートニング(80g)を加えて木じゃくしで練り、まとまってきたらモラセス(大さじ1)を加えて混ぜ、まとまり具合を見ながら水(大さじ1程度)を加えて混ぜます。

  13. 3

    天板のサイズに合わせたオーブンシートを用意し、生地をめん棒でのばします(約3mm厚)。焼き上がった後に切り分け易くするため、包丁で好みのサイズに線を入れ、生地にフォークでまんべんなく穴を開けます。

  14. 4

    180℃に予熱したオーブンで20分焼いた後、140℃に下げて20分ほど乾燥焼きをし、焼き上がったら、線に沿って生地を切り取り、冷まします。

ワンポイントアドバイス

マーブル模様がとてもシックなニューヨークタイプのチーズケーキです黒ゴマの香ばしさとコクがたまりません。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について