注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

うずら卵とさつま揚げのピリ辛煮レシピ

81Kcal(1人分換算)

うずら卵とさつま揚げのピリ辛煮

  • 印刷する
管理栄養士コメント
うずら卵は小さいですが栄養価の高い食品です。うずら卵5個分の栄養価が鶏卵1個分に相当し、ビタミンAやB1、B2、カルシウム、鉄分は鶏卵よりも多いです。さつま揚げは、魚のすり身を使った練り製品なので、たんぱく質が豊富です。

81Kcal

1人分換算
脂質 2.7g
糖質 8.3g
塩分(食塩相当量) 1g
コレステロール 81mg
ビタミンD 0.5μg
ビタミンB2 0.07mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

平泳ぎ 8分

平泳ぎ

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • うずら卵(水煮)8個
  • さつま揚げ2枚
  • (A)
  • ・めんつゆ(濃縮)大さじ2
  • ・みりん大さじ2
  • ・コチュジャン大さじ1/2

作り方

  1. 1

    うずら卵に竹串で穴をいくつか開けておきます。さつま揚げは1cm角くらいに切ります。

  2. 2

    ビニール袋(電子レンジ可能なもの)に、(A)を入れて混ぜ、(1)のうずらの卵、さつま揚げを入れ、電子レンジ(600W)で1分ほど加熱します。

  3. 3

    うずら卵とさつま揚げが汁に漬かるようにして空気を抜き、空気が入らないように口をとじます。粗熱が取れたら冷蔵庫でひと晩置き、味をしみこませます。

  4. 4

    汁気を切り、ピックにうずら卵とさつま揚げを刺します。

ワンポイントアドバイス

うずらの卵に穴を開けると、味がしみこみやすくなります。加熱するときは、卵やさつま揚げが煮汁にしっかり漬かるようにしましょう。うずらの卵は味が染み込みにくいので、ひと晩、汁につけておきます。作り置きの場合は、必ず冷蔵庫で保存します。2日程で使いきってください。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」