注目キーワード
ひんやり麺
なす
トマト
えだ豆
きゅうり
ゴーヤー
オクラ
ピーマン
むね肉
めんつゆ

紫ずきんとひよこ豆のかき揚げレシピ

292Kcal(1人分換算)

紫ずきんとひよこ豆のかき揚げ

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
紫ずきんやひよこ豆はたんぱく質、ビタミンB1、カリウムなどのミネラル分を豊富に含んでいます。ビタミンB1は糖質の代謝を促進することで、疲労回復や肩こりなどの筋肉の痛み、だるさや夏バテの解消に効果を発揮します。カリウムは食物繊維とともに、むくみや便秘の解消に働き、老廃物の排出が上手くいかずに起こる「だるさ」の解消にも効果を期待できるでしょう。

292Kcal

1人分換算
脂質 21.6g
糖質 13.8g
塩分(食塩相当量) 10.1g
コレステロール 0mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.05mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ボウリング 99分

ボウリング

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分

作り方

  1. 1

    0.5Lのお湯を沸かし、塩と紫ずきんを加え、沸騰してから8分ゆがきます。

  2. 2

    (1)をザルで水気を切り、粗熱が取れれば、さやから取り出しておきます。缶詰のひよこ豆はザルで水気を切っておきます。

  3. 3

    紫ずきんとひよこ豆をボウルに入れ、小麦粉(大さじ1)をまぶしておきます。

  4. 4

    別のボウルに冷水と残りの小麦粉(大さじ2)を混ぜ、(3)にサックリと合わせます。

  5. 5

    170℃の揚げ油に、スプーンを使ってひと口サイズに調えながら生地を入れます。裏表を返しながら回りがカリッとするまで揚げます。軽く塩(分量外)をふって盛り付けます。

  6. ※紫ずきんが無ければ、普通のえだ豆で代用できます。

ワンポイントアドバイス

スプーンで油に生地を入れるとき、厚すぎると中心がやわらかく生っぽくなってしまいます。できるだけ平らに伸ばした状態で入れましょう。具は、ミックスベジタブルを入れてもカラフルで美味しくできあがります。残り物の通常のえだ豆でも十分美味しくできあがりますので試してみてください。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について