注目キーワード
りんご
いも
しめじ
かぼちゃ
ハロウィン
やわらか食
美肌
介護食

抹茶くずきりレシピ

233Kcal(1人分換算)

抹茶くずきり

  • 印刷する
管理栄養士コメント
くず粉は薬効を持ち、身体を温めて血行をよくするので、風邪や胃腸が不調の時の治療薬として古くから使われてきました。また、くず湯も身体を温めて消化にもよいので、離乳食や体調がすぐれない時などの飲み物として利用されてきました。

233Kcal

1人分換算
脂質 0.4g
糖質 52.2g
塩分(食塩相当量) 0g
コレステロール 0mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.03mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

平泳ぎ 25分

平泳ぎ

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • くずきり(乾燥)50g
  • 白玉粉60g
  • 水(白玉用)約60ml
  • 粒あん100g
  • (抹茶シロップ)
  • ・水100ml
  • ・砂糖70g
  • ・抹茶大さじ1

作り方

  1. 1

    くずきりはたっぷりの熱湯でゆで、水に取ります。

  2. 2

    白玉粉に水を少しずつ加えて練り、耳たぶくらいのかたさにします。16個に丸めて熱湯でゆで、水に取ります。

  3. 3

    鍋に抹茶シロップの水と砂糖を入れて火にかけ、砂糖を溶かします。火から下ろし、抹茶に少しずつ加えて溶きのばし、よく冷やします。

  4. 4

    器に水気を切った(1)、(2)、粒あんを盛り、(3)をかけます。

ワンポイントアドバイス

くずきりののど越しを楽しめる、夏にぴったりの冷たい和スイーツです。くず粉は葛の根から取れる上質のデンプンです。くずきりはこのくず粉を水で溶いて火を通し、冷やして細長く切ったものです。口当たりが良いので、冷やして黒蜜で食べたり、お鍋に入れたりといろいろ使えます。コンロに調理タイマーがあれば(2)の工程を約4分に設定すれば便利です。白玉粉を練る時はやわらかくなり過ぎないように白玉粉に水を少しずつ加えて、耳たぶ位のかたさを目安に練ります。冷やすとかたくなるので冷蔵庫などには入れないようにします。

大阪ガスクッキングスクール

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」