00862.jpg

いちご蒸しパン

179Kcal(1個分換算)
60分以上

管理栄養士コメント

ヨーグルトの主成分であるたんぱく質は乳酸菌によって分解され、原料である牛乳より消化吸収がよくなっています。また、カルシウムも吸収率が高くなっていますので、カルシウムやたんぱく質の補給に優れた食材です。

材料(直径5cmプリン型8個分)

(蒸しパン生地)
・薄力粉
150g
・砂糖
40g
・塩
少々
・ドライイースト
4g
・卵
30g
・牛乳
50g
・いちごのピューレー(缶詰)
80g
・ショートニング
30g
・食用色素(赤)
適量
・いちごエッセンス
適量
(ヨーグルトクリーム)
・プレーンヨーグルト
80g
・コーンスターチ
大さじ1・1/2
・砂糖
20g

作り方

  1. (生地を作ります)
  2. 1.粉類は合わせてふるい、パンミキサーのポットに入れます。
  3. 2.卵と牛乳を合わせ、仕込み水温(室温24℃の場合、28℃)にします。
  4. 3.(1)に(2)を加える直前に、(2)にドライイーストを加えて溶かします。
  5. 4.パンミキサーのタイマーを10分に合わせ、羽根を回転させながら、(3)を少しずつ加えます。
  6. 5.生地が少しまとまれば、ショートニング、いちごのピューレー、いちごエッセンスも加え、食用色素で薄いピンクに色付けします。
  7. 6.回転が止まれば、ポット内で第1次発酵をさせます(約45分間)。
  8. (ヨーグルトクリームを作ります)
  9. 7.ヨーグルト、コーンスターチ、砂糖を合わせて火にかけ、とろみがつくまで煮ます。
  10. 8.冷めれば、直径1cmの丸型口金を付けた絞り出し袋に入れます。
  11. (仕上げます)
  12. 9.(6)の生地を直径1cmの丸型口金を付けた絞り出し袋に入れ、紙ケースを敷いたプリンカップに半量絞り出します。
  13. 10.(9)の中央に(8)を絞り出します。
  14. 11.残りの(6)を(10)の上に絞り出して、最終仕上げ発酵(ホイロ)をさせます(1時間〜1時間15分)。
  15. (蒸します)
  16. 12.蒸し器に並べ、強火で蒸します(約15分間)。

ワンポイントアドバイス

蒸し器を使った簡単パン作りで、かわいいピンクのいちご蒸しパンができあがります。

【栄養価(1個分換算)】

エネルギー(kcal) 179
たんぱく質(g) 2.8
脂質(g) 5
炭水化物(g) 30
糖質(g) 29.2
食物繊維(g) 0.8
塩分(食品相当量)(g) 0.2
カルシウム(mg) 26
鉄(mg) 0.3
カリウム(mg) 67
亜鉛(mg) 0.2
ビタミンE(mg) 0.5
ビタミンB1(mg) 0.07
ビタミンC(mg) 1
コレステロール(mg) 18
ビタミンB6(mg) 0.02
ビタミンB12(μg) 0.1
葉酸(μg) 26
エネルギー(kcal)179カリウム(mg)67
たんぱく質(g)2.8亜鉛(mg)0.2
脂質(g)5ビタミンE(mg)0.5
炭水化物(g)30ビタミンB1(mg)0.07
糖質(g)29.2ビタミンC(mg)1
食物繊維(g)0.8コレステロール(mg)18
塩分(食品相当量)(g)0.2ビタミンB6(mg)0.02
カルシウム(mg)26ビタミンB12(μg)0.1
鉄(mg)0.3葉酸(μg)26

この「レシピ」のキーワード

レシピレンタルはこちら