40138.jpg

抹茶のダコワーズ

268Kcal(1個分換算)
30-60

管理栄養士コメント

人間の身体は弱アルカリ性を保つことで健康を維持しています。現代の食生活は酸性度が高く、抹茶や緑茶を飲むことでそれを中和させることが可能です。またリラックス作用や抗菌作用もあります。

材料(直径5cm 6個分)

卵白
80g
砂糖
25g
(A)
・アーモンドプードル
60g
・粉砂糖
30g
・抹茶
3g
生クリーム
100ml
こしあん
50g
栗の甘露煮
3個
栗の渋皮煮
3個
黒豆(甘煮)
24粒
抹茶
適量
粉砂糖
適量

作り方

  1. 1.卵白はツノが立つまで泡立てます。砂糖を2〜3回に分けて加え、しっかりとしたメレンゲを作ります。(ボウルに水や油などが入るとうまく泡立たなくなります。清潔なボウルを使いましょう。)
  2. 2.合わせてふるった(A)を加え、サックリと混ぜます。(ねばりが出ないようにサックリと混ぜます。絞り出す間にも生地は混ざります。粉が少し残っているくらいで混ぜ終わりましょう。)
  3. 3.1.2cmの丸型口金を付けた絞り出し袋に入れ、オーブン用ペーパーの上に直径5cmの大きさに、渦巻き状に12枚絞ります。(口金から出てくる生地を置くようなつもりで、一定のスピードで絞りましょう。)
  4. 4.粉砂糖を2回ふり、温めたガス高速オーブンで焼きます(160℃ 約15分)。
  5. 5.生クリームは氷水の上で八分立てにします。(生クリームはとってもデリケートです。温度が上がったり、混ぜ過ぎたりすると分離してしまいます。氷水に当てながら作業しましょう。)
  6. 6.こしあんに(5)の一部を加えて混ぜ、(5)に戻して混ぜます。1.2cmの丸型口金をつけた絞り出し袋に入れます。
  7. 7.(4)の6枚に汁気をふいて4等分に切った栗の甘露煮と渋皮煮、黒豆を並べ、(6)を中央に絞ります。
  8. 8.残りの(4)を上からかぶせ、抹茶、粉砂糖をふります。

ワンポイントアドバイス

抹茶を入れずにプレーンのダコワーズにしたり、代わりにココアやコーヒーを入れても風味の違ったダコワーズができます。

【栄養価(1個分換算)】

エネルギー(kcal) 268
たんぱく質(g) 6.2
脂質(g) 13.8
炭水化物(g) 30.7
糖質(g) 27.7
食物繊維(g) 3
塩分(食品相当量)(g) 0.3
カルシウム(mg) 52
鉄(mg) 1.3
カリウム(mg) 202
亜鉛(mg) 0.7
ビタミンE(mg) 3.8
ビタミンB1(mg) 0.05
ビタミンC(mg) 1
コレステロール(mg) 20
ビタミンB6(mg) 0.04
ビタミンB12(μg) 0
葉酸(μg) 29
エネルギー(kcal)268カリウム(mg)202
たんぱく質(g)6.2亜鉛(mg)0.7
脂質(g)13.8ビタミンE(mg)3.8
炭水化物(g)30.7ビタミンB1(mg)0.05
糖質(g)27.7ビタミンC(mg)1
食物繊維(g)3コレステロール(mg)20
塩分(食品相当量)(g)0.3ビタミンB6(mg)0.04
カルシウム(mg)52ビタミンB12(μg)0
鉄(mg)1.3葉酸(μg)29

この「レシピ」のキーワード

レシピレンタルはこちら