注目キーワード
豚肉
そうめん
美白
夏バテ
鶏むね肉
やわらか食
きゅうり
トマト
パプリカ
ピーマン

えびのピーナッツフライレシピ

470Kcal(1人分換算)

えびのピーナッツフライ

  • 印刷する
管理栄養士コメント
えびのタウリンやピーナッツの不飽和脂肪酸には、コレステロールを低下させる作用があります。揚げ油は新鮮な油を使いましょう。尾も一緒に食べれば骨を丈夫にするカルシウムや、冷え性、便秘を改善させるキチン質を摂取できます。

470Kcal

1人分換算
脂質 36.2g
糖質 11.2g
塩分(食塩相当量) 1.5g
コレステロール 182mg
ビタミンD 0.2μg
ビタミンB2 0.15mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

電車に立って 267分

電車に立って

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

  • えび(有頭)8尾
  • 少々
  • こしょう少々
  • 白ワイン大さじ1
  • 薄力粉適量
  • 溶き卵適量
  • ピーナッツダイス35g
  • ソーダクラッカー5枚
  • 揚げ油適量
  • (ソース)
  • ・マヨネーズ大さじ4
  • ・トマトケチャップ大さじ2
  • ・ゆで卵(みじん切り)1/2個分
  • ・ピクルス(みじん切り)大さじ1
  • ・玉ねぎ(みじん切り)大さじ1
  • ・レモン汁大さじ1
  • ・塩少々
  • ・こしょう少々
  • ラディッシュ8個
  • サラダ菜8枚

作り方

  1. 1

    えびは背わたを取り、尾、頭を残して殻をむき、尾の先は切っておきます。

  2. 2

    腹側に2~3か所切り目を入れ、塩、こしょう、白ワインをふって、下味を付けます。

  3. 3

    水気をふいて薄力粉、溶き卵を付け、ピーナッツダイスとくだいたソーダクラッカーを合わせた衣を付けて、170℃くらいの揚げ油で揚げます。

  4. 4

    マヨネーズ、トマトケチャップ、レモン汁、塩、こしょうを合わせてよく混ぜ、ゆで卵、ピクルス、玉ねぎを加えて、ソースを作ります。

  5. 5

    器に(3)を盛り、サラダ菜と花切りのラディッシュを付け合わせて、ソースを添えます。

ワンポイントアドバイス

エビのタウリンやピーナッツの不飽和脂肪酸には、コレステロールを低下させる作用があります。揚げるのは新鮮な油を使いましょう。尾も一緒に食べれば骨を丈夫にするカルシウムや、冷え性・便秘を改善させるキチン質を摂ることができます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について

料理コンテンツの提案をご検討中の代理店、印刷会社の方へ「レシピレンタル」