注目キーワード
長ねぎ
ほうれん草
れんこん
大根
きのこ
白菜
さつまいも
里いも
鶏肉
ひき肉

セサミのスコーンのベジタブルジャム添えレシピ

330Kcal(1/8個分換算)

セサミのスコーンのベジタブルジャム添え

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
ごまはオレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸や強い抗酸化作用を持つビタミンEを豊富に含んでいますので、血液をサラサラにし動脈硬化などの生活習慣病予防やアンチエイジングに役立つとされています。

330Kcal

1/8個分換算
脂質 13.5g
糖質 44.2g
塩分(食塩相当量) 0.5g
コレステロール 61mg
ビタミンD 0.3μg
ビタミンB2 0.08mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

散歩 125分

散歩

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

直径5cm×8個分(4人分)

作り方

  1. 1

    バターは常温で戻しておきます。この時、指で表面を押して、中まで指が入らないくらいのかたさがベストです。

  2. 2

    薄力粉、強力粉、ベーキングパウダーはあらかじめ合わせて、2~3回ふるっておきます。ボウルにふるった粉を入れ、ごま、グラニュー糖、塩を加え、泡立て器でよく混ぜておきます。次に、常温で戻しておいたバターを小さく切って加えます。

  3. 3

    ボウルの中身を両手の手のひらにとり、指先でバターを軽くつぶしながら粉と混ぜます。この時、生地に空気を含ませるために、生地を高い位置から落とすようにして混ぜます。生地全体が米粒くらいのボロボロした状態になるまで続けます。

  4. 4

    (3)に牛乳を3回に分けて合わせます。粉をボウルの底からすくうようにして、ザックリと混ぜ合わせていきます。

  5. ※こねないようにしましょう。途中でバターが溶けて生地がやわらかくなり過ぎた時は、牛乳を控えめにしましょう。耳たぶくらいのかたさが理想です。

  6. 5

    生地をひとつにまとめ、打ち粉をした台の上で2cmほどの厚さに平たくのばし、直径5cmの丸型で抜きます。

  7. ※この時、型に粉をつけてから生地の底まで押しこみ、クルッと回してから抜けば、生地がきれいに抜けます。型が無ければコップなどで代用しましょう。

  8. 6

    抜いた残りの生地は打ち粉をきれいにはらってからひとつにまとめ、(5)の要領で再び型抜きをします。合計7~8個分が目安です。オーブンシートを敷いた天板の上に生地同士をくっつけて並べ、ラップをかけます。温かい所(夏場は常温)で15~20分寝かします。

  9. 7

    2種類のジャムを作ります。皮をむいたさつまいもとかぼちゃを蒸し器か電子レンジで蒸し、別々の容器で熱いうちにフォークでつぶします。この時、裏ごしすると口あたりが滑らかになります。

  10. ※さつまいもは皮ごとオーブンで焼いたものを使うとさらに甘味が出ます。

  11. 8

    熱いうちにさつまいもとかぼちゃのそれぞれにバター30gと上白糖40gを入れ、溶けるまでかく拌し続けます。粗熱が取れたらさつまいもにはオレンジジュースを、かぼちゃにはシナモンパウダーを加えて混ぜれば完成です。

  12. 9

    (6)で寝かしておいた生地の表面に、ハケで卵黄と牛乳を混ぜたものを塗り、温めておいたオーブンで焼きます(約190℃で12~15分くらいが目安)。食べる前に冷めていたら必ずオーブンで温め直し、温かいスコーンに野菜ジャムをたっぷりつけていただきます。

ワンポイントアドバイス

スコーンは19世紀のイギリスで生まれた習慣、アフタヌーン・ティーに欠かせない焼き菓子の定番です。しっとり感を出すのがこのレシピの最大のポイント。そのためには水分をなるべく蒸発させないこと。天板に乗せる時、丸型に抜いた生地をくっつけて並べ、ラップをかけてしばらく寝かせてから焼きます。焼きあがった時に隣同士はくっついていますが、簡単に割って離せますし、その断面のナチュラル感も味のうちなのです。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について