注目キーワード
ピーマン
アスパラガス
さやいんげん
梅干し
パンケーキ
フライパンひとつ
厚揚げ
鶏むね肉
しし唐辛子
青じそ

甘辛牛肉の桜おむすびレシピ

242Kcal(1個分換算)

甘辛牛肉の桜おむすび

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
コクのあるタレがしっかり絡んだ牛肉が食欲をそそる一品です。青じそは味のアクセントになるだけではなく、ビタミンやミネラルも豊富に含んでいます。また、抗菌効果があるので、お弁当の腐敗予防に役立ちます。

242Kcal

1個分換算
脂質 8.9g
糖質 31.8g
塩分(食塩相当量) 0.5g
コレステロール 15mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.04mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

睡眠 302分

睡眠

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

8個分

  • 2合
  • 雑穀(五穀)30g
  • ゆかり粉(市販)大さじ1/2
  • 青じそ4枚
  • 牛ロース肉(薄切り)150g
  • (A)
  • ・砂糖大さじ1
  • ・しょうゆ大さじ1
  • ・酒大さじ1
  • 桜の花(塩漬け)8本
  • サラダ油適量

作り方

  1. 1

    米は洗い、2合の水位線に合わせて浸水させます。雑穀を加え、軽く混ぜて炊きます。

  2. 2

    青じそは軸を取り、縦半分に切ります。塩漬けの桜の花は、水でサッと洗い、塩を落とします。

  3. 3

    牛肉は全部で8枚になるように、縦に半分に切ります。熱したフライパンにサラダ油を加え、牛肉の両面を焼きます。焼き目が付いたら(A)を加え、牛肉にしっかりとからめ、取り出して冷ましておきます。

  4. 4

    (1)が炊き上がれば、ゆかり粉を少しずつふりかけ、しゃもじで切るようにしながら混ぜ合わせます。

  5. 5

    (4)を8等分して俵形のおむすびを作り、青じそと(3)の牛肉を巻きつけ、桜の花を飾ります。

ワンポイントアドバイス

お花見にもオフィスにもぴったりの、かわいいおむすび弁当です。見た目以上にボリュームがあるので、食欲がすすみます。白米や玄米を使っても、いろんなおいしさが楽しめます。(1)の工程のとき、ガス炊飯器の炊き分け機能を使えば、玄米やおかゆなどを自動的においしく炊き分けてくれるので、お料理のレパートリーが広がります。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について