注目キーワード
鍋物
かぶ
鶏ひき肉
夜食
ほうれん草
れんこん
いちご
菜の花
受験カツ
酒粕

さんまとごぼうの梅干し煮レシピ

346Kcal(1人分換算)

さんまとごぼうの梅干し煮

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
さんまは、血液をサラサラにする働きのある不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。ごぼうは食物繊維を多く含み、余分なコレステロールの吸収を抑える働きがあるので、生活習慣病予防に役立つ組み合わせです。

346Kcal

1人分換算
脂質 23.2g
糖質 7.3g
塩分(食塩相当量) 2.2g
コレステロール 64mg
ビタミンD 14.6μg
ビタミンB2 0.29mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

なわとび 48分

なわとび

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4人分

作り方

  1. 1

    さんまは頭、内臓を取って、水洗いし、水気をふき取って2~3つに切り分けます。

  2. 2

    ごぼうはたわしでこすって皮を落とし、斜め薄切りにして水にさらします。しょうがは薄切りにします。梅干しは種を抜いて、細かくちぎっておきます。

  3. 3

    圧力鍋に(A)を入れ、煮立てます。(2)のごぼうを敷き、その上に(1)のさんまを並べ、(2)の梅干し、しょうがを散らします。

  4. 4

    (3)にふたをして火にかけ、蒸気が出てきたら弱火にし、10分間加圧して5分蒸らします。

  5. 5

    (4)の蒸気をしっかり抜いてからふたを取り、煮汁をかけながら煮詰めます。

ワンポイントアドバイス

秋らしさを感じるさんまとごぼうを梅干しでさっぱりと煮た一品です。あじやいわしでもできます。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について