注目キーワード
長ねぎ
ほうれん草
れんこん
大根
きのこ
白菜
さつまいも
里いも
鶏肉
ひき肉

さつまいもと塩昆布のおにぎりレシピ

355Kcal(1人分換算)

さつまいもと塩昆布のおにぎり

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
さつまいもに多く含まれているビタミンCは、調理中に損失しにくい特徴があります。水を使わずに電子レンジで加熱をすれば、さらに無駄なくビタミンCを摂取できるので、ビタミンCが不足している方にお勧めです。

355Kcal

1人分換算
脂質 0.6g
糖質 77.1g
塩分(食塩相当量) 1.4g
コレステロール 0mg
ビタミンD 0μg
ビタミンB2 0.04mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

なわとび 49分

なわとび

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

2人分(6個分)

作り方

  1. 1

    さつまいもは皮をむいて1cm角に切り、水にさらします。耐熱皿に入れ、酒、塩をふりかけ、ラップで覆い、約3分やわらかくなるまで加熱し、そのまま1分置きます。

  2. 2

    ご飯に塩昆布、(1)のさつまいもを混ぜ、手塩をつけ、おにぎりを6個作ります。

  3. (おにぎりをおいしく作るポイント)※ご飯を炊くときは、少しかために炊きましょう。※ご飯が炊き上がれば、熱いうちに握りましょう。※ふんわりとしたおにぎりに仕上げるには、握る回数3~4回がおすすめです。

ワンポイントアドバイス

さつまいもは大きく切ると、にぎったときに形が作りにくくなるので、1cm角を目安に切りましょう。また、電子レンジで加熱する際は、すぐにラップをはずすと、水分が抜けすぎてしまうので、そのままラップをしておき、しっとりさせます。レンジでやわらかくしたさつまいもと塩昆布をご飯に混ぜ合わせて握るだけ。炊いたご飯で少量作れるのでお弁当に便利なレシピです。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について