注目キーワード
りんご
しめじ
唐揚げ
照り焼き
ささ身
パーティ
ハロウィン
ベーコン

ちらしずしレシピ

413Kcal(1人分換算)

ちらしずし

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
ちらしずしは、地方によって混ぜる具材、盛り付け方は様々なようです。それだけ人々の暮らしに根付いている料理だと言えます。様々な具材を組み合わせ、たんぱく質も豊富なのでご高齢の方にも適しています。

413Kcal

1人分換算
脂質 6.7g
糖質 71.1g
塩分(食塩相当量) 2.7g
コレステロール 74mg
ビタミンD 0.7μg
ビタミンB2 0.15mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

ビリヤード 198分

ビリヤード

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

4~6人分

  • 3合
  • (すし酢)
  • ・酢大さじ4
  • ・砂糖大さじ2
  • ・塩小さじ1
  • 干ししいたけ4枚
  • にんじん4cm
  • 油揚げ1枚
  • ちくわ1本
  • 高野豆腐1個
  • (煮汁)
  • ・干ししいたけの戻し汁2/3カップ
  • ・しょうゆ大さじ2
  • ・みりん大さじ2
  • ・砂糖小さじ1
  • 絹さや8枚
  • 紅しょうが適量
  • 2個
  • (錦糸卵の下味)
  • ・砂糖小さじ1
  • ・塩小さじ1/3
  • ・酒大さじ1
  • サラダ油適量

作り方

  1. 1

    米は炊く1時間前に洗ってザルにあげ、水気を切って1割り増しの水で炊きます。

  2. 2

    干ししいたけはぬるま湯で戻し(戻し汁はとっておきます)、薄切りにします。にんじんはやや太めの細切り、油揚げは熱湯をかけて油抜きし、水気を取って細切りにします。ちくわは縦半分に切ってから斜め薄切りにします。

  3. 3

    高野豆腐は50℃くらいの湯をかけて戻し、水の中で白く濁った水が出なくなるまで押し洗いします。水気を切って、細めの拍子木切りにします。絹さやはサッとゆでて、斜めに細切り、紅しょうがも細切りにします。

  4. 4

    鍋に干ししいたけの戻し汁を入れて煮立て、煮汁の残りの調味料を加えて味付けをします。干ししいたけ、にんじん、油揚げ、ちくわ、高野豆腐を入れて汁気が少なくなるまで煮ます。煮汁につけたまま冷まします。

  5. 5

    錦糸卵を作ります。卵は下味を加え、よく溶きほぐします。フライパンにサラダ油をなじませ、3回くらいに分けて薄焼き卵を焼きます。冷めたら細く切って、錦糸卵にします。すし飯に混ぜ用の錦糸卵と飾り用の錦糸卵を分けておきます。

  6. 6

    すし飯を作ります。炊き立てのご飯を飯切りに入れます。熱いうちにすし酢をまんべんなくかけ、木じゃくしを寝かせて切るように混ぜます。混ぜたらツヤを出すようにうちわであおぎ、冷まします。

  7. ★すし酢は木じゃくしの上からまんべんなくかけてください。炊き立ての熱いうちに合わせるのがコツです。

  8. 7

    (4)の冷めた具材の汁気をしっかり絞って(6)のすし飯と合わせます。ここでも切るように混ぜます。(5)のすし飯用の錦糸卵と、絹さや、紅しょうがのそれぞれ半量を混ぜ込みます。

  9. 8

    器に盛り付け、飾り用の錦糸卵、絹さや、紅しょうがの残りを散らします。

ワンポイントアドバイス

見た目も美しく、彩りがきれいな「ちらしずし」はいつの時代もごちそうです。食卓を華やかにしてくれます。色々な具材で作ってみてください。郷土の名産を入れると楽しいですね。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について