注目キーワード
大根
鍋物
鶏もも肉
白菜
長ねぎ
里いも
納豆
クリスマス
基本
れんこん

基本のチョコレートケーキレシピ

349Kcal(1/6切れ分換算)

基本のチョコレートケーキ

  • 携帯に送る
  • 印刷する
管理栄養士コメント
チョコレートに含まれているアミノ酸の一種GABAには、ストレスを和らげる効果があるとされています。ストレスが溜まりがちな方にお勧めのスイーツです。

349Kcal

1/6切れ分換算
脂質 20.6g
糖質 34.2g
塩分(食塩相当量) 0.1g
コレステロール 106mg
ビタミンD 0.6μg
ビタミンB2 0.18mg

全ての栄養素を見る

燃焼レベル

バーベル 45分

バーベル

レシピの栄養価グラフ
  • たんぱく質
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 鉄
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンC

※数値については成人女性30~49歳の参考値にて算出
※1日3食、1食3~4品で均等割+αで算出

材料

15cm丸型1台分

作り方

  1. 1

    薄力粉とココアパウダーは合わせてふるっておき、卵は常温に戻します。バターを器に入れ、熱いくらいに湯せんしておきます。シロップの材料を合わせ、砂糖を溶かしておきます。

  2. 2

    型の側面にバターを薄く塗り、一旦冷蔵庫で冷やします。強力粉をふって余分な粉を落とします。底にはひと回り小さく切った紙を敷き、再度冷蔵庫で冷やしておきます。

  3. 3

    ボウルに卵を入れ、ハンドミキサーの低速で溶きほぐしてから、40℃くらいの湯を張った鍋にのせ、最高速で泡立てます。鍋は火にかけておき、お湯の温度が徐々に上がるようにします。

  4. 4

    軽く泡立ったら、2回に分けて砂糖を加え、湯せんしたままさらに泡立てます。生地が40℃、お湯の温度が60℃くらいで湯せんからはずし、冷めるまでさらに泡立て続けます。(泡立て器を持ち上げたときに、泡がこもって落ちにくい状態になるまでが泡立ての目安です。)

  5. 5

    水を加えて泡立て器で全体に混ぜたら、ふるった粉をもう一度ふるいにかけながら半量入れます。泡立て器を底からすくうように持ち上げ、生地をふり落としながら合わせていきます。残りの粉も同様にして合わせ、粉が見えなくなるまでくり返します。

  6. 6

    湯せんしておいたバターを小さじ1ずつ表面に散らし入れ、泡立て器で生地をすくってバターの上に広く落としながら、バターを生地の間にはさむように加え、バターの筋が多少残って見えるくらいまで混ぜます。

  7. 7

    最後にゴムベラで全体を合わせて、型の中心から一気に流し入れます。最後に底の方にたまっていた生地は、なるべく型の縁の方に入れます。表面にたっぷりと霧吹きをして、170℃に予熱したオーブンで25分ほど焼きます。

  8. 8

    焼き上がったら、しぼみを抑えるため、台の上30cmくらいの高さからトンと落とします。表面に網を当てて逆さにして型をはずし、再びひっくり返して表面を上にし、冷ましておきます。冷めたら底の紙を取り、半分の厚みにカットします。

  9. 9

    サンド用のクリームを作ります。牛乳は電子レンジで熱いくらいまで加熱し、刻んだ製菓用チョコレートを入れた器に入れてよく混ぜ合わせます。

  10. 10

    生クリームはボウルに入れ、底を氷水に当てながら泡立てます。ツノがピンと立つくらいになったら(9)を加えて混ぜ、サンドしやすいかたさに調節します。バナナは3mm厚程度に切ります。

  11. 11

    (8)のスポンジの1枚目の表面にシロップを半量塗り、(10)のクリームの半量を広げます。バナナを並べ、残りのクリームを広げて2枚目のスポンジをのせ、残りのシロップを塗ります。

  12. 12

    仕上げをします。製菓用チョコレートを刻み、ボウルに入れて湯せんにかけます。生クリームはボウルに入れ、底を氷水に当てながら、ツノが立つ直前くらいまで泡立てておきます。チョコレートが溶けたら生クリームのボウルに加え、塗りやすいかたさに調節しながら混ぜます。

  13. 13

    (11)の表面に(12)のクリームを上から流し、パレットナイフ等で表面と側面をならします。冷蔵庫で冷やして表面をかため、仕上げにココアパウダーをふります。

ワンポイントアドバイス

スポンジはきちんと工程を踏んで作れば、ふんわりと焼き上がります。仕上げのクリームは冷やしすぎてしまうと一気に固まってしまうので、様子をみながら固さを調節してください。作ってから一日おいた方が味がなじんで美味しくなります。

ページの先頭へ戻る

このサイトの写真、イラスト、文章を著作者に無断で転載、使用することは法律で禁じられています。
会社法人、営利目的等でご利用を希望される場合は、必ずこちらからお問い合わせください。

料理レシピや写真・画像のご利用について